スタッフブログ

壁紙(クロス)の張り替えをさせて頂きました。

壁紙の張り替えの作業を5日間にわたりさせて頂きましたブログを

弊社のリフォーム専用のホームページ内のブログに書かせていただいております。

 

壁紙(クロス)張替をさせていただきました。

 

長年の生活によって 自然に汚れてしまった元々は白かった壁紙も

新たに シンプルな白の壁紙に張り替えたことにより

空気も心なしか すがすがしく感じることができ 清潔感を感じることができます と

お聞きしました。

 

工事の後の お客様からのお喜びの感想は

私達作業をする者にとって とてもうれしいものです。

 

その後の生活が快適なものでありますように。

 

ご依頼 ありがとうございます。

 

 

 

南区 マンション屋上防水工事 

 

防水作業の作業内容の続きをお知らせさせて頂きます。

 

6月4日の作業内容は

昨日設置しました通気シートにウレタン防水材をムラなく均等に塗布します。

 

ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を複数回重ね塗ることで

つなぎ目のない防水層を形成し、雨水の浸入を防ぎます。

 

↑屋上床面全体への ウレタン防水材塗布  1層目↑

 

↑床面塗布と並行して 立ち上がり部分へも 1層目の塗布も
ムラなく行っていきます。
床面が歩けるほど乾燥しましたら 立ち上がり への2層目塗布
2層目の立ち上がりへの塗布が確実に乾燥しましたら  3層目の塗布。
立ち上がりの3層目の塗布が完了するころ
床面の1層目も完全に乾燥しておりましたので、 2層目の塗布を行っていきました。
そして しっかりと2層目のウレタン防水層を乾燥させるため
この日の作業はここまでとしました。
6月5日 本日の作業内容は、
作業最終日は トップコートの塗布を防水面全体 立ち上がりももちろん
ムラなく行って仕上げていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗布をしたすべての箇所を一体化させ

亀裂などが起こりにくいように塗布していき、 強固に防水膜を厚みを付けて塗布し

防水膜の浮きなどを防ぐ施工をして

雨漏りを防ぎ 建物を守ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱気筒周りや凹凸箇所 しっかりと統一ムラなく

 

全て 防水施工を完成させていきました。

 

この度は ご依頼下さいまして 誠にありがとうございました。

 

南区 マンション屋上防水工事 

マンションの屋上防水工事をさせて頂きました。

 

 

 

 

マンションのオーナー様より

管理をされている方から『雨漏りの可能性があるのではないか』とのことで

他社業者さんでもお見積もりを取られていたそうですが 弊社へご依頼下さいました。

(2~3社以上の合い見積もりはご面倒でも是非取られることをお勧めします。

対応の仕方や相場、細かいご説明内容など 業者を見分ける目が確かになってきます。)

 

 

 

今回は このような時期でしたので お客様と直接お会いせず

さみしい気持ちもありますが 全てオンラインやお電話でのお打合せから

ご信頼を頂き、ご契約くださいました。

 

この度は このような時期の中 弊社へお任せくださいまして

誠にありがとうございました。

 

 

6月1日の作業内容

まずは、屋上全体の床面や立ち上がり 全ての旧防水層撤去をしていきます。

↑旧防水層撤去中↑
上の撤去作業と並行して↓立ち上がり部分の旧防水層を撤去した箇所から
すべての立ち上がりに カチオンセメントをムラなく万遍なく塗布して
立ち上がり部分の補修です。
経年の歪みなどで凹凸ができていたり 細かいヒビなどを
こちらのセメントでフラットな状態にしていきます。
↑立ち上がりカチオン塗布↑
そして 次に 改修ドレン取り付けをしていきます。
ドレンとは 屋上の雨水、汚水など排水するための管や溝、
及び そのための部品を指します。
防水層と雨樋をつなぎ、屋上床面(防水面)で受けた雨水を集めて樋へと流すという
重要な役割があります。
ドレンは鉄製でできてるものが多く、鉄製である為に劣化すると錆びてきてしまいます。
ドレンが劣化してしまいますと雨樋と防水面の接合部が剥がれてしまい、
防水性能が低下して、雨漏りの原因となってしまいます。
この部分の不具合は雨漏りの原因と直結してしまいますので 非常に重要な箇所です。この部分の不具合から 雨漏りを生じたということはよくあるケースです。このドレンが劣化して汚水が漏れてしまう原因になっている場合、
どのような補修工事をすればいいのか?

そんな時
←改修ドレンというものを使用します。
改修ドレンとは既存のドレンに
新たにドレンをかぶせるという方法です。
鉛製で錆や劣化に対して
非常に信頼性があるものを使用しております。
↑改修ドレン取り付け↑
そうしているうちにしっかりと乾燥しましたカチオンセメントを塗布して補修をしました
立ち上がり部分全体にプライマーという
乾燥すれば ボンド性を発揮してくれる下塗り材を塗装していきました。
↑立ち上がりプライマー塗布↑
6月1日の作業はここまでです。
6月2日は雨天のため作業をいたしませんでした。
6月3日の作業内容は
↑通気シートへのボンドを塗布していきました。
そして↓土間へもボンドを塗布し 通気シートを隙間なく屋根床面全体に
貼り付けていきました。
通気シートの役割としましては、雨水や湿度など水分を遮断し通さず、
建物内の湿気は外部側に通すという役割があります。
建物の耐久性を守ります。
そして 全体に通気シートを貼りつけました継ぎ目部分に
↓シートジョイントテープを貼り確実にそれぞれをつなぎ 経年や紫外線などによる
シートの反りなどを防ぎ シート間の広がりを避け この上に塗布します防水層の
亀裂を防ぎながら 通気シートの役割を最大限に発揮させます。
↓エポラプライマー塗布(錆び止め塗料塗布)↓
通気シートの下の湿度や温められました空気を通気シートの外に排出させるための
↓脱気塔を取り付け。 しっかりと強力なボンドで屋上素地と通気シートを
密着させているとはいえ 建物内から 湿気などが上がってきてしまいましたら
気温の上昇により その湿気を含んだ空気がシート下で膨らんでしまうかもしれません
その空気のふくらみが ボンドの密着に経年で勝ってしまいましたら
密着を剥がし防水膜を風船のようにプクっと膨らましてしまうかもしれません
そうなってしまいましたら 亀裂や穴が開きやすくなり
その部分から雨水が浸入すてしまう可能性が出てきます。
そうなることを避けるため 脱気筒というものを間隔を空けて設置し
温められた空気の逃げ道をはじめから設置しておきます。
そして その脱気筒周りに 防水膜と繋ぐ補強布張り込みをしていきました。
もちろん 同じ理由で立ち上がり部分から 床面も繋ぐように貼っていきました。
次の作業内容ブログで 4日と5日の作業内容をお伝えいたします。
アパート マンション ビル など
建物の屋上など 何か不具合が起きないと補修が必要なことに気が付きにくいですが
建物の劣化に直接つながってきてしまいますので
早め早めのチェックや補修が 建物を守ることや 守るためのランニングコストを
抑えることに繋がってきますので 屋上に上がられて確認をご自身でもされることを
お勧めします。
上がることが危険な場合は無理されないで 業者さんを呼んで確認しましょう。

自粛解除されましたが お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか。

 

福岡市内の自粛生活も一応明けましたが 皆様 いかがお過ごしでしょうか?

 

お変わりなくお元気で過ごされていらっしゃれば 幸いです。

 

気が付けば ゴールデンウイークも過ぎ 暑い毎日に突入ですね。

このような時期 体調を崩されませんよう くれぐれもご自愛頂きたいと思います。

 

弊社は、自粛期間中 マスクとビニール手袋を装着し 除菌スプレーを持参して

1件1件可能な限り チラシを配布させていただいておりました。

 

こちらの今回配布させていただきましたチラシにより

お問合せも何件か頂いておりまして大変うれしく思っております。

 

お電話やオンラインを活用してのお打合せも始めさせていただいております。

福岡も緊急事態宣言が解除され、まだ安心できる状況ではございませんが

オンラインなど 以前は使っていなかった方法も取り入れ

通常営業に戻りつつある状況です。

 

また どうしても 対面でのお打合せが必要な場合は

マスクを着用し 消毒スプレーなど持参しソーシャルディスタンスの配慮など

充分配慮させて頂きましたうえで お会いさせていただきます。

オンライン(ZOOMなど)を活用してのやり取りでございますが
お客様よりのご相談に対しての解決方法や様々なご提案、

概算金額 お見積もりのお伝えや その内容のご説明。など
対面にてのお打合せと変わらないお打合せが可能です。

 

建物内が暑いので遮熱塗装を考えられているという方は

本格的な暑い時期が来る前に着工できますと

この夏より快適な室内を体感できるかと思います。

 

又 夏の台風時期の前に 雨漏りなど不安がある方など

雨漏り診断なども可能です。

これから始まる暑い季節へリフォームをお考えの方、
是非ご相談お待ちしております。

 

 

熱中症などくれぐれもお気を付けください。

 

また 余談ですが重要なこと!女性の皆様!!

美容に詳しいお友達にアドバイスを受けましたのでシェアします。

 

マスクの中は 保湿されている環境ではありません。

マスクを外せば 一気にマスクをしていた部分は乾燥に繋がります。

 

消毒液と一緒に 保湿スプレーもご持参し

いつでもますくを 外したら 保湿をされることをお勧めします✨

 

では お会いできる日を楽しみにしております💛

 

 

 

壁落書きけしのための塗装 K様邸

室内の壁に お子様が落書きをされてきれいに消すことができない

という ご相談をお受けいたしました。

 

その部分だけ 落書きが分からなくなる程度に

明るく塗装をしましょう。とご提案をさせていただき、

 

 

お子様に 塗装する色のリクエストを受けて

薄いさわやかなブルーを塗装いたしました。

 

 

もともとは 真っ白なクロス(壁紙)でした。

その部分がブルーになり

お子様も 雰囲気が変わってうれしそうでした。

 

お母様にも お父様にも気に入っていただけたようでした。

イメージチェンジになりましたね(;^ω^)

 

壁紙に落書き・・・

楽しいかもしれませんが 親御さんはちょっと困ってしまいますよね💦

 

ちょっとした塗装のご依頼も

お待ちしております。

床防水工事 那珂川2 T様邸

 

ベランダの床防水作業2日目

昨日していきました防水材 アーバンルーフNXを

もう一度全体に塗布していき、

防水塗膜に厚みを持たせ柔軟性耐久性防水性を増して行くため

しっかり 塗布していきます。

立ち上がり部分も

 

床面全体にも ムラなく厚みを持たせ 均一に塗布します。

 

この日の作業はこの1工程をいたしました。

完全な乾燥をして 次の作業に移ります。

作業を急ぐより 耐久性が大切です。

しっかりと一つの工程ごとを大切にしていくことで

確実な品質となります。

 

次の日にまたお伺いしまして

仕上げ材の塗装作業を全体にさせていただき、

防水塗膜を保護していく作業をいたしました。

 

 

 

今回 ご依頼くださいまして ありがとうございました。

 

また お困りなことがありましたらいつでもご連絡をお待ちしております。

ベランダ床防水工事 那珂川町 T様邸

 

 

ベランダ防水工事のご依頼を頂きました。

一般住宅のベランダです。

 

↑着手前

 

 

 

防水材料がしっかり密着するように

始めにしっかりと拭き掃除をして 汚れのないように掃除をしていきます。

そして ベランダ床面がきれいに施工できる状態になりましたら

『下塗り』として確実な防水材お密着のため プライマーを全体にしっかり塗布します。

 

 

そして 今回 ↑こちらの材料を使用します。

 

環境対応型のアーバンルーフNXという ウレタン防水材です。

耐久性、耐用年数に優れたベランダなど歩行する箇所に適したウレタン防水材です。

一般的なウレタン塗膜防水材と比較して断熱効果を持っていますため

省エネ、ヒートアイランド対策に貢献するという特徴もあります。

 

ウレタン防水塗料 アーバンルーフを1回目の塗布『中塗り』を

しっかりとベランダ床面全体 立ち上がり部分にも

忘れや塗り斑のないようにと塗膜を付けて塗布していきます。

 

『中塗り』の完了です。

明日は、『上塗り』として もう一度アーバンルーフを全体に塗布して

仕上げの佐作業作業をしていきます。

 

 

明日も よろしくお願いいたします。

 

 

 

シロアリ予防駆除作業 早良区 K様邸

 

シロアリ予防作業の作業前の床下です。

 

築6年のこちらの建物の床下大変キレイな状態でした。

 

ただ、新築時からの木材の防蟻処理としては

やはり安心できるものではなさそうでしたので

今回 築年数の浅いうちにご依頼下さったということは

建物を守るうえでとても良い選択であったと思います。

 

こちらの近隣の住宅は 木造の築年数が古い建物に囲まれていますので

いつ シロアリ被害にあわれるか分からない環境ではありますので

お客様も不安に思われていたそうです。

ご依頼下さいましたご期待にお答えするべくしっかり予防をしていきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

👆4方向 床下 施工前の様子。きれいな状態でした。

 

 

こちらの無機素材

ホウ酸石を細かく粉状にしたものを

弊社倉庫にてあらかじめ熱湯にて

しっかり攪拌して

食紅のような 無害な着色剤で

グリーンに着色して

塗布にムラの起きないようにしていきます。

 

こちらは 床下に塗布していきます。

 

こちらのご家庭にもお子様がお二人いらっしゃいますが

無臭・無害 ということで ご安心して息子さんは 職業見学されています😊

 

 

 

しっかりと作業のために通らせていただく箇所はビニールにて養生させていただき

歩く床にも 厚手の紙シートで養生。ドアなどの角にはウレタンを巻いていきます。

 

 

1回目の塗布です。

1回目から しっかりとたっぷりと

忘れやムラのないように

しっかりと床下全体に塗布します。

 

大体一般的な住宅の1回の床下施工時間は

1時間半から2時間ほどです。

 

1時間半以上して 床下の1回目の塗布が完了して

天井裏のほうの作業をします。

 

 

天井裏も木材もきれいな状態でした。

 

お客様も 心配されていただけに シロアリによる被害が出る前に

シロアリ対策ができきたということで ホッと安心されていました。

 

天井裏は、ホウ酸石の粉をそのまま 粉状で全体に吹き付け

軒天井全体の表面に全て覆っていきます。

 

2階の室内に水分が漏れてこないため 粉状ということもありますが

まず 床下に来るシロアリと軒天井に来るしろありは

違う種類のもので そもそも 特徴も違うのです。

 

ですが どちらのシロアリも ともにグルーミングをいたします。

 

 

グルーミングとは シロアリ同士でお互いの体をなめて

入浴のように体を綺麗にする様子のことです。

 

ですので 身体に付着したホウ酸石をお互いに体内に入れ合ってしまい

ホウ酸が体内にとどまり 体内の微生物が通常は代謝をしてくれて

シロアリは生きていますが その活動が 部生物の活動停止により

出来なくなり シロアリ自体が餓死する ということです。

 

 

天井裏の吹き付け作業も1時間半ほどを要し  その後ランチ休憩を頂いて

午後の作業 床下の吹き付け作業2回目の開始です。

 

 

床下も天井裏も

入り口の形状は場所は建物それぞれです。

 

そして 床下の高さもそれぞれです。

 

 

 

床下の作業は1時間半から2時間 ほふく前進状態で作業をいたします。

 

背中 脇腹が引き締まって 夏にはナイスバディ間違いなし??✌😉

お家で過ごすこの時期 ご家族でほふく前進いかがでしょうか😅?

 

しっかりとムラなく

今回の施工でほぼ半永久的にシロアリの不安から解放される材料での施工でありますので

お客様のご期待に添いますように シロアリの侵入を許さない という気持ちで

しっかりと施工いたします。

 

藻やコケ・腐朽菌・シロアリ以外の昆虫からも建物を守ります。

 

 

作業終了✨

ありがとうございます。

 

水道をお借りして

クールダウンさせていただきました。

 

作業後に頂きましたガリガリ君

嬉しかったです~😊

 

 

 

この度は ご依頼くださいまして 誠にありがとうございました。

 

今の厳しい時期ではございますが

くれぐれも ご自愛ください。

 

今後とも よろしくお願いいたします✨

 

 

 

 

テナント天井塗装 中洲うどん店 

 

店舗が営業を自粛されていて このお休みの期間中に

次回開店するときには お店を明るい雰囲気にして お客様をお迎えしたい

ということで 長年開店したままで 天井を塗装をすることができず

ずっと気になっていたので この機会に と ご依頼を頂きました。

 

 

 

👆着手前👆

ヤニや油汚れ 経年でうっすら茶色になっています。

 

 

☜天井の塗装なので

塗料の落下でお店を汚すことがないように

しっかりビニールで覆い

壁と天井の取り合い 角のラインが

にじまずまっすぐのラインが出っるように

しっかりテープを貼って

天井の油分を掃除してから

 

 

 

 

角や照明の縁などは刷毛塗りをして 全体をローラー塗装していきました。

 

 

一部 壁の塗装もさせて頂きました。

 

 

養生を全て撤去して完成です。

 

 

今回使用しました塗料はケンエースという このような店舗 室内の天井塗装に適した

ヤニやシミ止め効果の優れた付着性と汚染除去性・防藻・防カビ性能を持つ水性の

艶消し塗料です。

 

 

 

安心できる状態で自粛の期間が一日も早く終わり

にぎやかな店内に戻る日が早く訪れて 営業が再開されることを願っています。

 

日本中 全てのお店が どうかこの時期を乗り越えて元気に開店できますように

切に願います。

 

この度は ご依頼下さいまして ありがとうございました。

シーリング打ち作業 城南区

 

アパートの階段や通路に設置された 滑り止めと防水効果のある

塩ビシートを貼ったそのシートと通路の下地の境目に

水分や砂埃などが入り込み 下地が傷むことのないように

シーリングを打ち 防水をしていきました。

 

 

 

シートを貼って シートの際にシーリングを打っていない状態です。

 

 

 

 

 

 

シーリングを打つ仕上がりを美しくするため シーリングの幅が均一になるように

まっすぐに仕上がりますように

しっかりと養生テープを貼って滲み込みなどの

ないようにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お色を塩ビシートに合わせたこちらのシーリングを打ち込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

打ち込んで へらで均しましたら

すぐに養生を撤去して 美しいまっすぐのシーリング打ち仕上がります。

 

 

 

 

 

 

後は しっかりと乾燥をしてもらうのみです。

 

 

 

 

 

この度は ご依頼下さいまして 誠にありがとうございました。

 

>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付
line