屋根塗料

非公開: 屋根塗料の種類

セメント瓦

形状により、和形、洋形、平形など種類があります。 時間の経過によって瓦表面の塗膜が失われ吸水、乾燥を繰り返しセメントが劣化していきます。

セメント瓦

モニエル瓦

セメント瓦の中でも特に注意が必要なのは、この「モニエル瓦」です。 表面の着色されたセメント層(スラリー層)が時間の経過によって傷み、以前は、モニエル瓦に塗装すると剥がれ等が起きるトラブルが多くモニエル瓦には塗装が困難との見解でしたが、スラリー層を強固にする下塗り材が出来てからは塗装可能になりました。表面の劣化したスラリー層を取り除いてからの塗装が大切です。

モニエル瓦の特性により溶剤塗料で塗装してしまうと、瓦表面の着色されたスラリー層が溶剤の強さでもろくなり、新しい塗装がすぐに剥がれてしまいますので、専用の水性塗料をオススメしています。

モニエル瓦

モニエル瓦

コロニアル瓦

コロニアル瓦屋根は築10年ほど経過すると、まず間違いなく藻・コケは発生しています。特に北側に多く発生します。

藻やコケが直接コロニアル屋根自体の劣化を進めるわけではありません。 ただ、長い間コケ類をそのままにしておくと、ほかの場所より水気を帯びている時間も長くなって、同時に塗装もなくなってきます。雨水の吸収と蒸発の繰り返し、紫外線と熱の影響を受けると、コロニアル瓦の反り返しの原因になります。

築10年で初めて塗装するコロニアル屋根にくらべて、築20年目以降にして初めて塗装するコロニアル屋根では、歩いただけで割れてしまうほど、長期間の水分の影響なのか、もろくなっていることもあります。

それ以外にも、コロニアル屋根と言っても、屋根頭頂部などの場所に、部分的に必ずトタンが使われています。築10年では、必ずと言っていいほど、この部分の釘が抜け掛かっていますし、トタンですからサビが発生してきますので、この場所には必ず定期的に塗装は必要になります。もろくなることも考慮に入れて、なおかつトタン部の塗装、家全体的な美観を考えますと、定期的な塗装をお勧めします。

コロニアル瓦

屋根塗料のグレード

下塗り塗料

マイルドシーラーEPO
  • 溶剤
  • 2液

 

 

 

  • 浸透・固着性が高く、下地の補強効果に優れています。
  • 強溶剤タイプと比較して臭気が低く、環境に優しい設計です。
  • 水分や炭酸ガスの浸入を防ぎ、セメントモルタルやコンクリートなどの中性化を防ぎます。
  • 旧塗膜との密着性に優れています。
クールタイト 2回塗り 耐用5~7年
■クールタイトSI 2回塗り 耐用6~8年
■クールタイトF 2回塗り 耐用8~10年
  • 溶剤
  • シリコン
  • フッソ
  • 2液

 

 

 

  • 太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外領域を反射し、優れた遮熱性能を実現します。
  • 低汚染機能を発揮し、汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期に亘って高い遮熱性を維持します。
  • 架橋構造を持つ塗膜は、強靭で、優れた耐薬品性・耐候性・耐久性を示します。
    防かび、防藻性に優れています。
1液ベストシーラー
  • 水性

 

 

 

  • 浸透性に優れ、下地に対して「くさび効果」が得られます。
  • 基材表面配向性があり、上塗りとの付着性が良好です。
  • 上塗りの吸い込みが少なく仕上り性に優れます。
  • 耐水性・耐アルカリ性に優れています。
  • 弱溶剤系のため、臭気がマイルドです
ファイン浸透シーラー
  • 水性

 

 

 

  • 浸透+造膜
    高い浸透力と含浸補強性を持つとともに、下地の表面に膜を形成します。
  • 上塗りの仕上がり向上
    浸透・造膜効果で再生した下地が上塗りの仕上がりを向上させます。
  • 臭気がマイルド
    ターペン可溶(弱溶剤)タイプなので、臭気がマイルドです。
  • 防藻・防かび効果
水性シリコンベストII
  • 水性
  • シリコン

 

 

 

  • 対UV性機能を強化、耐候性がさらに向上しました。
  • 「1液ベストシーラー」を下塗とする仕様を採用することで、弱溶剤形ならではの密着力が、脆弱な下地に浸透し素地を強化します。
  • 防藻性・防かび性があります。
  • 環境にも配慮しています : ホルムアルデヒド・クロルピリホスは配合していません。
水性屋根フレッシュシーラー
  • 水性
  • 1液

 

 

水性ヤネフレッシュシリコンの下塗り塗料になります。

 

水系パワーシーラー
  • 水性

 

 

素地(瓦)の表面を強固にし、素地と上塗り塗料を確実に密着させます

スラリー強化プライマー
  • 水性

 

 

 

  • 浸透性に優れた下塗り材でスラリー層を補強します。
  • 補強したスラリー層と塗料を確実に密着させます。

上塗り塗料

水性ヤネフレッシュシリコン 2回塗り 耐用6~8年
水性ヤネフレッシュフッ素 2回塗り 耐用8~10年
  • 水性
  • シリコン
  • フッソ
  • 1液

 

 

 

  • 超耐久性
    強靭な塗膜は酸性雨、紫外線に対し優れた抵抗性を示します。
  • 防カビ・防藻性
    優れた防かび、防藻性を発揮します。
  • 優れた密着性
    旧塗膜に対し優れた浸透性を示し、優れた密着性を発揮します。
水性クールタイトシリコン 2回塗り 耐用6~8年
水性クールタイトフッ素 2回塗り 耐用8~10年
  • 水性
  • シリコン

 

 

  • 遮熱性
    太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外領域を反射し、優れた遮熱性能を実現します。
  • 高耐候・耐久性
    高耐久樹脂の採用により、強靭で優れた耐候性、耐久性を示します。
  • 防かび・防藻性
    特殊設計により、かびや藻などの微生物による汚染に対して優れた抵抗性を示します。
  • 優れた低汚染機能
    汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期に亘って高い遮熱性を維持します。
パーフェクト クーラーベスト
  • 水性
  • ラジカル制御形高耐候性
  • 高耐久
  • 遮熱

 💐遮熱技術
遮熱技術によって、高い遮熱性能を実現します。

 💐ラジカル制御技術
特殊技術「※ラジカ制御」によって、

過酷な屋根の状況でもシリコン塗料のグレードを超える高耐候性を発揮します。

 💐防藻・防かび性
藻やかびの発生を抑制し、建物の美観を維持します。

 💐オール水性システム
下塗り「パーフェクトクーラーサーフ」との組み合わせで、

下塗り~上塗りまでオール水性塗料での施工が可能です。

 💐落ち着いたつや
しっとりした落ち着いたつやになり、ご近所様への日光の反射が気になりません。

 

 

※ラジカル とは?

 

ラジカル塗料は、正確には「ラジカル制御型塗料」といわれています。

読んで字のごとく、「ラジカル」を制御するタイプの塗料なのです。

ラジカルとは塗膜の劣化を招く物質のこと で、時間の経過とともに発生します。

日本ペイントは、ラジカルの発生を抑えるラジカル制御型塗料を開発しました。

 

 

基本的に塗料には顔料が使用されています。

顔料は塗料の色を作る成分であり、「酸化チタン」という成分が含まれているのです。 酸化チタンは、塗料だけではなく化粧品や食品添加物などにも使用されているほど

安価で安全な物質とされています。

 

しかし、酸化チタンは、雨風や太陽光の紫外線にさらされると

「ラジカル」を発生させてしまうのが欠点なのです。

ラジカルは、耐久性を保つため塗料に配合されている

樹脂成分を分解してしまうので塗膜が劣化してしまいます。

ですので ラジカルの発生を制御する塗料は注目されています。

 

塗料が屋外で使用されたとき、劣化や変形、変質などを起こしにくい性質のことを

「耐候性」といいます。

ラジカル塗料は、従来のフッ素樹脂・シリコン樹脂塗料よりも

耐候性にすぐれているのです。

 

高分子ポリマーが塗膜面の隙間をぴったりと埋めます。

ですので塗膜面がなめらかになり美しいつやがでるのです。

 

低汚染性…すぐれた親水化技術により雨だれ汚染などを防ぐ効果があります。

防藻・防かび…バイオ技術により外壁の美観を損ねる藻(も)や

かびを防ぐ効果があります。

 

このように 耐候性・美しい光沢・低汚染性・防藻、防かび機能にすぐれているのが

ラジカル塗料のメリットです

 

そのため、※チョーキングとが起こりにくいので外壁塗装が長持ちします。

 

※チョーキング…塗膜の表層樹脂が紫外線や熱、雨、風などによって劣化して

塗料に含まれている顔料がチョークの粉のような状態になり、

表面を触ると手に付くようになる現象のことです。

 

通常、高性能な製品は価格のほうも高価になるものですが、

ラジカル塗料の場合、性能がすぐれているため塗り替え回数が少なくて済みます。

ですので、コストパフォーマンスが高くなるのがメリットといえますので

将来を考えると塗装費用を抑えることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

水系ナノシリコン
  • 水性
  • シリコン

 

 

 

  • 超耐久性
  • ナノシリコンテクノロジーで裏づけされた塗膜が、紫外線や酸性雨などから屋根を守り、耐久性を格段に向上させます。
  • 耐変色性
  • シリコン樹脂のポテンシャルを最大限に引き出した塗膜は、長期間色あせず鮮やかな色彩を維持します。
  • 優れた遮熱機能(遮熱色)
  • 水系ナノシリコンの遮熱色(8色)は太陽光の赤外線を効率よく反射することにより屋根の温度上昇を抑えます。
  • 防カビ・防藻性
  • 屋根の美しさを損ない、劣化を促進させるカビや藻を長期間にわたって防ぎます。耐汚染性強靭で柔軟性に富んだ塗膜は、優れた耐汚染性を発揮します。
  • 低臭・無公害
  • 溶媒は、水ですから、臭いはもちろん有害物質を揮発することもありません。
■サーモアイUV
■サーモアイSI 
■サーモアイ4F 
  • 溶剤
  • ウレタン
  • シリコン
  • フッソ
  • 高耐久
  • 遮熱

 

 

 

  • 日本ペイントの耐UVテクノロジーによって、耐久性を向上させた、
  • コストパフォーマンスの高い塗料。
  • 遮熱顔料独自コントロール技術を従来よりも向上することで、
  • 遮熱性能を向上。
  • 同様の色相を表現しながら、従来の遮熱塗料と比べ
  • 赤外線の反射率を向上させる事に成功しました。
サーモアイ水性SI 
  • 水性
  • シリコン
  • 遮熱

 

 

  • 水性タイプで使いやすいシリコングレードタイプ
  • 遮熱顔料独自コントロール技術を従来よりも向上することで、遮熱性能を向上。
  • 同様の色相を表現しながら、従来の遮熱塗料と比べ、赤外線の反射率を向上させる事に成功しました。
  • スレート屋根専用
水系シリコン 
  • 水性
  • シリコン
  • 超耐久性
    アクリルシリコン樹脂の連続塗膜が、酸性雨などから屋根を守り、耐久性を格段に向上させます。
  • 耐変色性
    長時間色あせず耐変色性に優れた変色しにくい塗料です。塗ったときの鮮やかな色彩を長期間にわたって維持し続けます。
  • 耐汚染性
    強靱で柔軟性に富み耐汚染性に優れた塗料です。
  • 防カビ・防藻性
    屋根の美しさを損ない、劣化を促進させるカビや藻を長期間にわたって防ぎます。
  • 低臭・無公害
    溶媒は水ですから、臭いはもちろん有害物質を揮発することもありません。
水系カスタムシリコン 
  • 水性
  • シリコン

 

 

  • 💐超耐候性
    紫外線や風雨など屋根がさらされる厳しい環境に耐え、鮮やかな色彩を長時間にわたって維持し続けます。
  • 💐耐汚染性
    汚染物質に強いシリコンならではの特性が、屋根をしっかりと保護します。
  • 💐防カビ・防藻性
    屋根の美しさを損ない、劣化を促進させるカビや藻を長時間にわたって防ぎます。
  • 💐超耐久性
    アクリルシリコン樹脂の連続塗膜が、酸性雨などから屋根を守り、耐久性を格段に向上させます。
  • 💐美しい仕上がりを長時間保持
    膜厚感と優雅な質感を併せ持った美しい仕上がりは、塗装後も長時間保たれます。
  • 💐光沢をおさえた優雅な仕上がり
    重厚感のあるマット調の色合いが、落ち着いた外観をひきたてます。
  • 💐優れた経済性
    シリコン樹脂でありながら従来にはなかった低コストを実現。
  • 💐低臭・無公害
    溶媒は水ですから、臭いはもちろん有害物質を揮発することもありません。。
ハイルーフマイルドシリコン
  • 溶剤
  • シリコン

 

 

 

  • 乾燥が早く作業性が良好です。
  • 光沢が良く、長期にわたり色艶を維持します。
  • 陶器瓦への付着性に優れています。

非公開: タスペーサーについて

【縁切りの必要性】屋根の縁切りとは・・・

本来、元々、屋根材表面には雨水排出や通気性の確保を目的とした溝がついています。 その元の隙間を塗装する事で塗料で塞いでしまい、屋根材合せ目から侵入してきた雨水が排出されなくなり、屋根裏面に雨水が浸透し屋根下地の腐朽や雨漏りの原因になってしまいます。

そのために、塗装(塗替え)をした場合は、元の隙間がある状態にしておかなけらばならない・・・ この作業を縁切りといいます。

数年前に塗装をした事例

工具で屋根材を少し持ち上げただけで、中に溜まっていた水分が流れ出てきた。

2年前に塗装をした事例

雨上がりの翌日撮影。下地が腐朽していた。

築年数19年の家・・塗装を2回行った

雨上がりの翌日撮影。下地が腐朽していた。

この家は下地が完全に腐朽し、塗装によるリフォームができず、金属屋根にした。

構造材の腐朽

数年前から何度か雨漏りがあったという。外壁ヒビ割れからの水分侵入もあり、構造材まで腐朽していた。

タスペーサーは従来の縁切り工法と比較して、適切な縁切りができ、長期的に通気性が確保できます。
  1. 適切な縁切りが可能になる。(従来の工法と比較して・・・)
  2. 作業時間の大幅短縮に繋がる。(100m2の屋根面積で約1時間~2時間で終了・・・)
  3. トラブルを未然に防げる。(責任施工の明確化が図れます・・・)
  4. 屋根材のコグチ部の破損がない。(従来の工法と比較して・・・)
  5. 塗装完了した屋根面をキズ付けたり、汚したりしなくてすむ。(従来の工法と比較して・・・)
タスペーサーは、通気性を適度に確保し、下地の腐朽から建物を守ります。タスペーサーは、屋根材劣化の反り現象を抑制する働きも期待できます。
>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付