スタッフブログ

2011年に塗装をさせて頂きましたお客様のご自宅へ。

2019年3月18日(月)の作業内容

 

2011年2月 糸島市 K様邸

より 先日 お声をかけていただき、

コーキングに亀裂が入ってっ来ていて 気になるとのことで

今回は、 コーキングの打ち替えをさせて頂きました。

 

ガイナ塗料のお色の変色も気になりますが

まだまだガイナ塗料の効果は発揮してくれていますので

お塗り替えは あと2~3年先でもよいのでは と

今回は 建物を守るのに大切な シーリングの打ち替えをしていきます。

 

8年前に打ち込みましたコーキング材も 経年と 紫外線劣化などにより

どうしても 亀裂が来てしまいます。

 

このように 柔軟であって建物の動きに追従してほしいコーキングが

硬く亀裂が入ってしまいましては

雨水の浸み込みや、外壁材へのヒビ などが心配になってきます。

 

 

しっかりと 残りのないように撤去して

新たにコーキングを打ち込み美しく仕上げるために養生をして

バックアップ材や、ボンドブレーカーを挿入設置して

目地の背底面に コーキングが密着しないように していきます。

 

コーキングを目地の両横面には確実に密着させるために ボンドを塗布して

 

現在の外壁のお色に合わせて調色したコーキング材を

既定の時間しっかりと攪拌します。

 

 

 

 

全ての目地に打ち込み

 

 

へらで空気を押しだしながら均して

 

少しでも乾燥が始まる前に 養生を撤去して

美しく仕上げていきます。

 

今回は 高所作業車lにて コーキングの打ち替え作業をさせて頂きました。

 

 

この度も お声をかけていただき、ありがとうございました。

 

またのお塗り替えの時期に

弊社が今イチオシしております 素晴らしい耐久性を持つ

オートンイクシードというコーキング材をご紹介させていただき

安心の施工をさせて頂きたいと思います。

 

今後とも よろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付