スタッフブログ

福岡市南区  K様邸 塀塗装

2019年 3月19日(火)の作業内容。

 

 

こちらの塀の塗装を させて頂きました。

 

 

塀の塗装などで 雨水が地面などから吸い上げられて

塗膜が水風船のように膨らんだり その水風船のようになった塗膜が破れて

や伊などの塗膜がところどころ ヨレっと破れている状態を

見たことがある方もいらっしゃると思います。

 

 

こちらの塀も そのような状態でした。

 

防水性のある塗料で塀を塗装されると起こりやすい現象です。

 

地面に直接設置している塀。地面から水分を吸い上げる。

上面が塗装されていない塀。上部からの雨水侵入。

塀はブロックによってできているものや

モルタルによってできているものが多く 亀裂から雨水が浸入し

塗膜の密着が弱い部分に集まり 塗膜が水風船のように膨らんできてしまいます。

 

その膨らんでできてしまっている塗膜が 塀に密着していない箇所を

全て探して削り剥がしていきます。

 

 

そして 地面に直接設置している箇所まで塗装をしますので

しっかりとまっすぐテープを貼り 滲んだりしませんように

テープと塗装をする個所の取り合いにコーキングを薄く塗っていきます。

 

 

滲むことや、汚すことがないように養生をしましたら

 

 

『下塗り』をまずしっかりとたっぷりと行っていきます。

 

乾燥するとボンド性を発揮し 仕上がりの塗料を確実に密着させます。

 

 

 

上部の瓦と塀の取り合い部分は 刷毛でしっかり塗り込んでいきます。

 

 

アステックジャパンによります塗料 エクスファインという塗料にて

『中塗り』・『上塗り』と2色に分けて 全体を2回塗装していきました。

 

 

塗膜の親水性や硬度が高いため、長期間にわたって美観の保持してくれます。

親水性が高いため、雨水が塗膜と汚れの間に入り込み、汚れを洗い流してくれます。

ブロック塀専用の塗料です。艶消で落ち着いた仕上りを実現します。

 

 ブロック塀は、上記のように あらゆるところから水を吸収するため、

透湿性の高い塗料を使わなければ、塗装後に膨れや剥離などが発生してしまいます。

 

エクスファイン艶消は、優れた透湿性を持っているので、

膨れや剥離が発生しにくくなっています。

 

約10~12年ほどの耐候性があり、

長期間にわたってブロック塀を紫外線・雨などの劣化要因から保護します。

 

という塗料を使用して 塀の塗装をさせて頂きましたので

これまでのようなお悩みから解放されることと思います。

 

この度は ご依頼下さいまして ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付