スタッフブログ

大宰府市 大浦社寺建築社 作業工場 塗装工事「屋根Ⅱ下塗りなど」

2017年8月18日(金)の作業内容

 

 ← 工場の覗いてみましたら

   木を彫って作られた素晴らしい 

   お寺や神社の改築工事に

   使用されるであろう

   装飾部材がありました。

  

 

 

寺院や、神社の建築部材に詳しくないのですが、破風板の装飾なのでは??

と 思いました。

 

大浦社寺建築社さん ←のホームページ 覗いてみてください 

私には、ご説明させていただくのは難しいですが やはり すごいです!!

 

 

 

そして作業に入ります^^;

 

建物の 木製部分の「けれん」みがきをして 木のささくれなど磨き 

滑らかに均してから

「下塗り」として 木製専用の 防腐・防藻効果のある下塗り材を塗装していきました。

 

 

 

 

 

 

 それから 先日「下塗り」をしております 

 鉄製の折半屋根のあります部分の外壁の

 「中塗り」乾をしていき、

 

 

 

乾燥しましたら 「上塗り」として もう一度塗装をする「上塗り」をして

 

 

 

 

 

 

  折半屋根の上部分の外壁の塗装を

 完了させていきました。

 

 

 

 

 

 こちらの建物は

 屋根と 折半屋根上部の

 外壁のみ完成いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 追加をお願いしていました

 下塗り塗料が

 やってきましたので

 屋根のみ塗装する建物の

 屋根の「下塗り」に入っていけます

 

 

 

もう1件と同じように 1回屋根全体にたっぷり塗布して

劣化したスレートが下塗り塗料を吸い込むのでしっかり吸い込ませて

スレートの肌を整え

 

 

もう一度 下塗り材を塗布して 下塗り塗料としての役割を

しっかりと発揮させるようにしていきます。

 

 

明日も よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付