スタッフブログ

早良区住宅塗装工事② 外壁爆裂補修・養生 2022年4月20日

2022年4月20日

外壁の爆裂部分のセメント補修を行いました。

外壁の旧塗膜や その下の素地 セメントが浮いてきている箇所を

外壁全体目視と打診などで細かに探して 撤去できる浮いた部分をできるだけ撤去し、

カチオンセメントで密着補修をするため水を浸透させ

凹凸の少ないようにしっかりと凹みに埋めて補修

乾燥させ 密着させます。

外壁のヒビへ 強度と柔軟性の高いスムースエポという補修材をしっかりと入れ込み

日々を柔軟に繋ぎ補修します。

 

塗装下地の補修に安心して使うことができるノンブリードタイプの補修材です。

高い追従性、弾性をもち、水漏れの原因であるひび割れに対して追従し、

水密性にも優れています。

負担のくる部位に無理なく追従するので 二次劣化を発生させません。

施工後はスムーズエポはやせにくく、また補修で充填しました ひび割れ内部の湿気にも、

強い接着力を発揮してくれます。

強接着力性・耐候性・防水性・遮塩性等に優れた防水補修材です。

どのヒビにもしっかり充填して補修を完了させていきました。

補修あとに 外壁塗装のための『養生』を行いました。

外壁塗装のための塗料が付着してはいけない箇所を専用のビニールで覆い

外壁との取り合いのラインをまっすぐにテープを貼り 滲んだりすることのないようにまっすぐのラインで仕上がりますように浮きのないようにしっかりと貼っていきます。

外壁の下塗りはマスチック工法という厚塗りを行っていきますので

綺麗にメリハリあるラインとして仕上げるため必要な

『捨てテープ』をマスキングテープにて行っていきました。

 

捨てテープのご説明は 捨てテープ撤去の際にお伝えいたします。

 

では 次回の作業もよろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付