スタッフブログ

北九州市八幡西区 Y様邸 住宅塗り替え工事『雨戸塗装☆屋根縁切り作業』

2018年2月15日(木)の作業内容

 

この日は 建物すべての雨戸の『ケレン』

表面をサンドペーパーで磨き錆など磨き均し 埃を掃き掃除し

『下塗り』として 錆び止め塗装をしていきました。

 

 

 

 

2月16日(金)の作業内容

 

 本日 昨日『下塗り』として

 錆び止め塗装をしたすべての雨戸に

 仕上げ塗装として 

 弱溶剤シリコン塗装をして

 雨戸塗装を仕上げていきました。

 

 

 

その後 屋根のコロニアル瓦の重なり部分に 2~4mmの隙間を確実に確保し

雨水がコロニアル瓦の重なり部分にとどまることがないように

逃げ道を作る『縁切り』という作業をしていきました。

 

タスペーサーという強度の強い ポリカーボネート製のものを

コロニアル瓦1枚1枚に2~3ずつ差し込んでいきます。

 

このことで 劣化で反ってしまい 隙間のつぶれてしまったコロニアル瓦を

持ち上げ隙間を確保し 雨水の逃げ道を作ることで 

雨水が建物の内部に侵入し、屋根から雨漏りをすることを防ぎます。

 

そうすることで 建物を守ります。

 

細かい 工事が終われば 施工したかしていないかわからなくなってしまうような

作業ではありますが このような ひと手間が 建物を守る大きな力となります。

 

明日もよろしくお願いします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付