スタッフブログ

東区S様邸『新シーリング打ちのための下準備』

2014年1月31日

H.26.1.31(金)

 

 

 今日は、昨日の旧シーリングの撤去作業の続きから、新しく打つシーリングが、

 外壁材と外壁材の間の目地に美しいラインで打てるように 

 目地の両際に専用の紙テープを貼っていく『養生』をしました。

 

 

 

 それから、目地の中の背面に

 こちらのバックアップ材という

 物を埋め込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

  建物は温度の変化などの自然現象や、

 経年によりゆがみや、動きが生じますので、

 この動きに追従できるような

 打ち方をしなければなりません。

 

 住宅建築において、

 外壁目地部でのシーリング材は
 2面接着を確保するのが基本です。

 

 

 2面接着とは、外壁材と外壁材のつなぎ目の目地には、

 横2面、背面1面の計3面のシーリング材の付着面があります。

 シーリングをそのまま充填しますと

 目地背面と側面2面の3面接着になってしまいます。 

 

 この背面の接着をさせない接着方法が2面接着です。
 その為に、背面にはバックアップ材やボンドブレーカーというものを

 挿入するわけです。

 

 2面接着するために、深い目地であればバックアップ材を

 バックアップ材を入れられない浅い目地の場合はボンドブレーカーというものを

 目地背面に貼ることによって三面接着を防ぎ、

 二面接着することが出来ます。

 

 

明日は、この作業の続きから、新しいシーリングを打つ作業をしていく予定です。

 

明日も お天気が良いようですね^^

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付