スタッフブログ

飯塚市M様邸『木部分・鉄部分下地処理など』

 

H25.6.22(土)の作業内容です。

 

 

木製の破風板には、先日撤去しました屋根の上にありましたソーラーを支える

釘が刺さってありましたのでこれ等も全て抜き取り

 

 表面の木のささくれなどを磨き、

 表面を均していく『ケレン』をして、

木部分専用の下塗り材 1液ファインウレタンにて『下塗り』をしていきました。

 

 

1液ファインウレタンは、 

  • 環境にやさしい
  •  (鉛などの重金属を含みません)
  • 低汚染性
  • 防藻・防かび
  • 高耐久性
  • 透湿性  という特徴があります。

 

 

 

 換気扇フードや、庇、屋根鋼板、

 雨樋の掴み金具などの鉄部分も

 錆びを磨き、表面を均す『ケレン』をして、

 

  

 

 

錆び止め塗料サビカットにて、 『下塗り』をしていきました。

 

 

 

 

 木部・鉄部の下塗りは、

 全て完了しておりませんので

 次回は、この作業の続きから

 作業を進めていく予定です。

 

 

  

 

これらの作業と並行して、外壁の補修をしていきました。

 

 

 

 後日、これらの補修跡が

 完成後目立たなくなるように

 補修をしていない周りの外壁のプツプツ模様と

 表面の模様を合わせるように塗料を吹き付ける

 『肌合わせ』という作業をしていきます。

 

雨のため 本日月曜日は作業をお休みさせて頂いておりますが、

明日は、お天気が回復しそうですね。

 

このように お天気の様子を見ながら作業をさせて頂きます。

 

よろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付