スタッフブログ

博多区美野島テナントビル改修工事☆外壁塗装のための養生作業。3.18.2021

外壁の塗装をするための『養生』の作業をしていきました。

窓やドア、その枠 換気扇フードや 錆止め塗装をした部分

雨樋など 外壁塗装のための塗料が付着しては困る部分には

専用のテープやビニールにて 覆って塗料が付着しないようにしていきます。

雨樋のつかみ金具はテープを巻いて 養生します。

鉄骨階段の外壁と設置している天井部分

踊り場部分や手すり しっかり養生をして

その外壁との取り合い部分には

ビニールと設置するためのテープの上に紙テープをそれぞれに張ります。

1ライン貼って その上に少し出してもうひとライン貼ります。

外壁の塗装を塗料を厚塗り(マスチック塗装)していきます。

 

厚塗り(マスチック)塗装の塗膜は弾力のある塗料を厚くと塗装します。

塗料が厚くとどまるために 凹凸模様をバランスよくつけながら

下塗り塗料を塗装します。

 

その厚塗りした下塗りのあと 上になっている紙テープを全て撤去します。

 

そうして『中塗り』・『上塗り』と仕上げ塗料の2回塗りをもう一つの

紙テープのラインでまっすぐに仕上げることで

仕上がりのラインにメリハリのある美しい仕上がりとなるのです。

 

仕上がりを きれいな状態にすることは

当然のことですが このようなひと手間で

違和感のないまとまった仕上がりになっていきます。

 

この養生の段階でこのご説明は

なかなかわかりにくいと思いますので

また 『下塗り』(マスチック)終わりに

この1枚目の紙テープを撤去するときにご説明いたします。

 

ちなみに このテープのことを『捨てテープ』と呼んでいます。

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付