スタッフブログ

東区K様邸『旧シーリング撤去作業』

 本日の作業内容は、外壁材【サイディング】のつなぎ目の目地に打ち込まれている

 シーリング材を新しく打ちかえる為 古いシーリング材を全て撤去する作業を

 主にしていきました。

 

 

 ←縦に入った溝が外壁材(サイディング)の

  とサイディングのつなぎ目の目地です。

 

  プツプツと小さな穴が開いていますが、

  シーリング材(ゴムのようなもの)が

  劣化して塗膜の下で傷んでいる様子です。

 

  ゴムのようなものなので 

  長年の紫外線や温度変化等々によって

  固く縮んでしまい このようになります。

 

  シーリングは、弾力があってこそ

  建物の動きに追従し、外壁を亀裂から守り

  雨水の侵入を防ぐという役割を

  発揮します。

 

 

ですので、外壁を塗り替える際には、一緒にこのシーリングの打ち替えもされることを

お勧めしています。

 

傷んだシーリングの上に新しく塗装をしても 目地の大事なシーリングが傷んでいては

せっかく新しく塗装をし直しても 建物を守る効果は落ちてしまいます。

 

塗装が完了してしまえば 上から塗装をされて見えなくなってしまいますが、

サイディング外壁の建物では とっても重要な作業の一つです。

 

 

 外壁材を傷付けないよう

 シーリングを手作業で撤去していきます。

 

 ←旧シーリングが残らないよう

  細かく取り除きます。

 

 

 

  

 

      建物すべての旧シーリングの撤去が完了しました。

 

 

  

  旧シーリングの撤去が終わりましたら

  新しいシーリングを打ち込むための

  準備です。

 

  まずは、美しくまっすぐに 

  シーリングを仕上げる為の

  ライン出しと 目地まわりに

  シーリング材が付かない為の

  『養生』をしていきました。

 

 

明日もシーリングを打ち込むための 次の作業から入っていき、

新しいシーリング材を打ち込んでいく予定です。

 

明日も張り切って作業をさせて頂きます。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付