スタッフブログ

住宅塗替え工事 東区 M様邸⑩工事完了 コロニアル瓦へのタスペーサー設置 屋根塗装など 2.27.2021

コロニアル瓦の塗装の際に大変大切な作業『縁切り』をしていきました。

コロニアル瓦1枚1枚の重なり部分に

タスペーサーという ポリカーボネート素材の部材を1~3枚ほど

瓦の反り具合に合わせて設置して3~5ミリの隙間を確保します。

タスペーサーが設置できないほど 隙間が確保されている箇所がある場合は

タスペーサーの設置は必要ありませんが 大体の場合で紫外線や風雨にさらされています

コロニアルが経年で反り タスペーサー設置をして 隙間を確保する必要がある場合が

ほとんどです。

隙間を確保することで 雨水の逃げ道を作り 建物内に雨水が浸入し

建物の建材が 雨水の浸透により腐ったり 雨漏りをすることを防ぎます。

ですので この『縁切り』という コロニアル瓦の重なりの隙間を確保する

という作業は大変重要な作業です。

『縁切り』後に 屋根の『上塗り』として セミフロンルーフⅡをもう一度全体に

塗装して 屋根塗装の仕上がりです。

しっかりと 塗膜に厚みを付け 柔軟性た耐久性 セミフロンルーフⅡの効果を

確実なものへ と しっかり塗装していきました。

屋根塗装の完成です。

破風板や 雨樋 鉄製部分等の外壁に付帯している箇所も

塗装の仕上げとして『上塗り』をしていきました。

外壁塗装のために外していたエアコンホースカバーの設置して塗装しております。

 

 

 

塀の内側も ニューアルダンテ という風合いのある塗料で

仕上げております。

掃除もチェックも隅々行っております。

窓のお掃除も完了いたしました。

 

本日 塗装改修工事が完了いたしました。

後日 足場を解体させていただきまして お掃除と最終チェックをして

完了となります。

 

足場の解体でも お騒がせいたしますが よろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付
line