スタッフブログ

住宅兼店舗 塗り替え工事③錆止め塗装や外壁補修作業

 

住宅の建物の鉄製部分の錆を磨き 凹凸を均していきました。

錆を磨き 均したり 磨くことでほこりなどの掃除や

細かい傷を敢えて入れる(触れても滑らかと思うくらいの細かいもの)

『目荒らし』として磨いていきます。

古い塗膜の浮いているも磨き取り除きます。

屋根と外壁や基礎との取り合い部分の『水切り』

庇などや

屋根の雨水を雨樋に流す板金性の 雨水の通り道

しっかりと磨いていきました。

 

木製の雨戸も ささくれや捲れを磨いています。

店舗の外壁はサイディングボードです。

旧塗膜に水分などで 塗膜が浮いている部分や

目地のシーリングが設置されていなかったり

痩せてしまい役目を終えている部分を撤去して

今後の耐久性に不安のある部分に

新たにシーリングを打ち込んで 防水性と耐久性を増していきます。

養生をして継ぎ目にボンドを塗り込み

シーリングを打ち込んで

押し込み均していきました。

ドア回りなども シーリングを新たに打ち込み 柔軟性を増し

建物の自然な動きにサイディングボードをつなぐ目地のシーリングが

柔軟に追従できるように していきました。

住宅の方も 防水性を保つため

亀裂や隙間を見つけてはシーリング補修をしてい

 

作業を並行して 先ほど 鉄製部分など磨き均し作業『ケレン』を

施していきました鉄製部分に

錆転換材 サビキラーPROにて 錆をストップして

次に塗装する塗料を確実に密着すべく『下塗り』を行っていきました。

 

明日も 続きの作業から 『養生』などの作業をさせていただく予定です。

 

宜しくお願い致します。

 

12.21.2020


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付
line