スタッフブログ

新築塗装工事『外壁模様吹付』

 

 本日は外壁に模様を付けるため 

 粘度のある塗料を吹き付けていく作業を

 していきました。

 

  こちらのレナキャストという塗料を

 主剤・硬化剤をムラなく混ぜ模様を吹き付けるのに使っていきます。

 

 レナキャストは

 硬度の高い塗膜で、豪華な仕上がり感を示します。

 下地への密着性、耐久性 耐汚染性に優れています。

 という特徴があります。

 

 

 軒天井と外壁は、同じお色で仕上げますが、

 軒天井には、模様を付けずメリハリを付けますので

 外壁に吹き付ける塗料が軒天井に着かないように

 まずは、軒天井の養生をしていきました。

 

 それから外壁の模様付けの作業に入ります。

 

 

 

 

 模様を拭く付けて、表面が乾くくらいの、乾きくらいで

 毛のない硬いローラーで吹付けた模様の表面を軽く抑えてつぶし整え

 模様を作っていきます。

 

  

 そして、模様吹付のために

 しておきました

 窓廻りなどの養生をしたテープの

 内側に仕上がりを美しくするため

 紙テープを貼っていましたので

 

 模様の吹き付けが完全に乾く前に

 模様を崩さないよう丁寧に

 撤去していきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 吹付けた模様が乾かないうちに

 上記の作業をしなければ美しく仕上がりませんので

 この作業をキリの良い面に分けて 繰り返ししていきました。

 

 

 軒天井の養生も撤去して、模様付けの作業が完了しました。

 

 明日は、軒天井と外壁を『中塗り』していきます。

 

 明日も張り切って作業をさせて頂きます!!

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付