スタッフブログ

福岡市早良区 N様邸 住宅外壁塗り替え工事⑧サイディング壁クリア塗装

2018年11月29日(木)の作業内容

 

 

 

本日の作業内容は、まず、

破風板など 弱溶剤フッ素仕上げ部分2回目塗装

『上塗り』をしていきました。

 

本当に いいお天気 いい気温の 塗装作業日よりで

ありがたいです~😊

 

軒樋『上塗り』

 

 

竪樋『上塗り』

帯板『上塗り』

 

 

 

 

水切り『上塗り』

 

 

 

ガスメーターの金属部分や

 

 

 

 

換気扇フードも

 

 

 

 

 

 

目の細かいサンドペーパーで錆を磨き 表面を均して

サビキラーPRO を『下塗り』として塗装。

もう 錆びない!

素晴らしいサビ転換材 サビキラーPROを使用しております!

 

 

 

 

 

それから 先日1階の外壁の補修とクリア塗装のための『下塗り』を

しておりますが 本日は『上塗り』

 

 

こちらの アスティックペイントさんの

無機ハイブリットクリアを使用しております。

 

 

 

塗装をしております時は 乳白色ですが 完全に乾燥しましたら

透明になります。

 

 

 

『無機』とは「炭素を含まない化合物」のことを言います。

紫外線を浴びても分解されないという特徴があります。

そして 汚れにくい、硬いというメリットもあります。

その上 有機成分を合成することで

柔らかくて割れにくい無機塗料にすることに成功しました。

 

耐久性が高いと言われるフッ素樹脂は15年くらいで劣化が始まりますが、

無機ハイブリッドシリーズは20年以上経過しても光沢保持率80%を

維持することができます。

このことは 建物のメンテナンスのことを考えますと

ライフサイクルコストの削減につながります。
無機ハイブリッドクリヤーには10年の保証が付いています。

そして、帯電しにくいセラミック成分を含んだえおりますので

ホコリなどを寄せ付けません。

そして 雨水などの塗膜に付いた水が水滴にならず膜を形成する性質『親水性』

に富んでいるため、汚れが付着してもその雨水などにより

セルフクリーニングされます。

高硬度と柔軟性を両立無機ハイブリッドシリーズの塗膜は

ガラスのように硬いため、傷に強くなっています。

それとともに、屈曲する柔軟性も持っているため、建物の動きにも追従します。

そして 先日 補修 養生をしておりました塀の『下塗り』をしていきました。

 

 

 

 

塀も2階の外壁と同じ

超低汚染リファインで仕上げますので

下塗り塗料ももちろん こちらの2階外壁塗装で使用しました

こちらのシーラーを使いました。

 

 

 

やはり 塀が道路に面しているものですし、汚れやすい箇所といえますので

超低汚染リファインでいつまでも 美しい塀✨ というのは

住宅の第一印象も良いですし 気持ちが良いですよね!

 

本日もありがとうございました。

 

明日もよろしくお願いいたします。

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付