スタッフブログ

福岡市 A様邸住宅塗り替え工事『シーリング打ち代え作業』

2017年11月3日(金)の作業内容

 

 本日もいいお天気 いい気温の 塗装工事日和です

 

本日は、こちらの建物の外壁はサイディングボードを貼られていますので

その継ぎ目 目地 のシーリングを打ち代えるため

古いシーリングを撤去していきます。

 

専用のカッターで古いシーリングと目地の両端に切れ目を入れて 撤去していきます。

この時、目地内に少しでも残った旧シーリングも 

新しく打ち込むシーリングの確実な密着のために

細かくカッターやピンセットのような工具で残らず撤去します。

 

 それから 目地の両横に

 しっかりと専用の紙テープを

 サイディングの凹凸に隙間なく押し込み

 張り付けて 

 シーリング打ち込みの仕上がりが

 まっすぐ美しいものになるように

 していきます。

 

 

それから 目地の奥の面(背面)にのみ シーリング材が密着しないように

ボンドブレーカーというテープとしては密着力のほぼないテープを貼っていきます。

 

この ボンドブレーカーを目地の背面に貼る という作業は 終わってしまえば

次のシーリング打ち代え工事をされるまでは やったかやっていないか

分からなくなってしまう作業の一つですが 大変重要な作業なのです!

 

これを貼ることで 目地の両横面にはシーリングが確実に密着し

背面には密着していないというじょうきょうに なりますので

新しい弾力のあるシーリングが建物の動き(サイディングボード)の動きに

追従し 背面にはアソビがあることで 

サイディングボードの動きにストレスが生まれず

サイディングボードの割れなどを防ぎます。

 (説明 下手かしら すいません

 

このような工法を 二面接着 といいます。

 

 

 二面接着を確実なものにするため

 目地の両横面にボンドを塗布します。

 

 

 

 

 

 

それから ボンドをしっかりと目地に充填し、専用のへらで 空気を押し出しながら

しっかりと隙間なく押し込み 表面を均していきます。

 

 

打ち込みましたら すぐに養生を撤去していくことも 美しく仕上げるコツです。

 

 

この作業を 建物すべての目地に行っていきます。

 

 

 同時にしっかりと外壁や破風板など

 塗装尾をする個所を眺めて回り

 ほしゅうの必要な箇所は

 しっかりと補修をしていきました。

 

 

 

明日も お天気

よろしくお願いします

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付