スタッフブログ

福岡市 南区 K様邸 住宅塗り替え工事『鉄製部分や、雨どいなどの塗装仕上げ』

2017年7月29日(土)の作業内容

 

昨日、屋根の塗装が完成し、コロニアル瓦の屋根鋼板の『中塗り』

 

『中塗り』が完全に乾燥しましたら『上塗り』。

 

雨どいも、庇も 『中塗り』乾燥『上塗り』

 

 

 

もちろんシャッターBOXなども

同じように弱溶剤シリコン塗料にて『中塗り』乾燥『上塗り』と

2回、錆び止め塗料による『下塗り』を入れれば3回塗装をして

これらの箇所の塗装も完成させていきました。

 

 

屋根のお色は、黒色をはじめ 大体濃いめのお色が好まれやすい傾向ですが

遮熱効果のような効果のない塗料でありましても

薄いお色ほど 反射の効果 太陽熱を吸収しにくい効果はありますので

省エネ対策にはお勧めです。

 

 

さらに遮熱効果のある 

今回のサーモアイのような塗料でしたら

効果はさらにアップされてお得だと思います

 

屋根のお色は 濃いお色のほうが 全体が引き締まる 

という

思い込みや 固定概念もある方も多いのですが

 

このように 屋根鋼板のお色や、

外壁のお色でメリハリをつけていくことも可能です。

 

皆様 好みはそれぞれだとは思いますが

コロニアル瓦のすぐ下のお部屋は 

やはり 熱がこもりやすいものです。

 

真夏は 階段を上がって2階へ行くと

 

ムオ~っとする 

エアコンがなかなか効かない

 

と 悩みの方も 多いかと思います。

 

 

コストは押さえたいが 省エネ対策はしたい。

 

遮熱塗料は考えているが より効果を高めたい。

 

 

と お考えでしたら 

薄めのお色で 屋根のお塗り替えをする場合のイメージも

考えられてみてはいかがでしょうか?

 

 

後悔をする ということは ないかと思いますよ

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付