スタッフブログ

福岡市 南区 K様邸 住宅塗り替え工事『屋根塗装②など』

2017年7月28日(金)の作業内容

 

昨日『下塗り』をしていきました屋根全体に『縁切り』という作業をしていきました。

 

『縁切り』という作業は 雨水の排出するための溝を塞いでしまった塗膜を
カッターなどで切る作業で 『下塗り』や、『中塗り』後に弊社では行います。

その上 弊社では「タスペーサー」という部材を使い
1枚1枚のコロニアル瓦の重なり部分に対し2~3枚のタスペーサーを差し込み
経年の劣化による コロニアル瓦の反りによる
雨水の逃げ道を塞いでしまっている場合でも このことにより 
確実に2~4mmほどの雨水の逃げ道を確実に確保する工法を推奨しております。
*『縁切り』は、コロニアル瓦の場合のみの工法です。

 

 

 『縁切り』が完了しましたら

 屋根塗装の『中塗り』をしていきます。

 

 ←こちらの

 サーモアイ4Fを 使用します。

 

均一に塗布しなければ高い遮熱効果を得る事が出来ませんので

ムラ無く屋根全体に 均一に塗装する事が大切です。

 

フッ素系塗料の技術も取り入れた遮熱塗料で、

長い間遮熱性能を維持させる遮熱塗料です。

 

この塗料は、塗膜の太陽熱反射率を高くする事で 遮熱効果を高く発揮する

遮熱塗料です。

 

『下塗り』塗料は 高い反射率があり、『中塗り』と『上塗り』での

サーモアイ4Fでは、反射出来ない 赤外線を吸収させずにシャットアウト。

塗膜に吸収させない効果があり遮熱効果を発揮させます。

 

屋根に塗装することで 屋根裏の温度を下げる事が出来、

建物内部の温度変化を小さくする事が出来ますので

夏暑い 冬寒い建物を、快適な温度で過ごせる空間へと導いてくれます。

 

温度差がなくなるので、エアコンの使用頻度が少なくなり

省エネ効果と電気代の削減に繋がります。

 

という効果と特徴を持った塗料です。

 

この 年々暑くなる日本には

こんな塗料 ありがたいですね~

 

 

 というわけで このサーモアイ4Fを 屋根全体に まずは、『中塗り』。

 

他の作業をしながら 3時間以上乾燥時間を持ち

完全な乾燥を確認しましたら『上塗り』の作業をしていきます。

 

 

 

 

 やはり 屋根全体に

 むらなく 塗装し、

 塗膜に厚みを持たせていきました。

 

 

 

 

 

 

 屋根の『中塗り』の乾燥を待つ間 昨日の雨どいや、鉄部分の『中塗り』の続きを

 していきました。

 

 

 

 グレーと黒と白と・・・

 

 クール ですね~

 

 足場が解体されて 

 建物全体がお目見えするのが

 楽しみですね~

 

 

ホントに 暑い日が続きますね~

 

お外仕事の皆様や

夏休み お子様をお外で遊ばせているときの保護者様、お子様。

 

熱中症や、夏風邪には くれぐれも お気を付けください。

 

では、明日も よろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付