スタッフブログ

赤間 アパート塗装工事『新シーリング打ち込み作業』

H28.4.23(土)の作業内容

 

 昨日 目地の旧シーリングを撤去し

 シーリングを新しく打ち込むための

 『養生』をして 

 新しく打ち込むシーリングを2面接着

 にするため 目地の背面にバックアップ材を

 入れていきました目地に

 2面接着を確実にするため

 ←こちらの専用ボンドを 目地にしっかりと

 塗りこんでいきます。

 

 

 

 

しっかりと 全ての シーリングを打ち込む目地に ボンドをたっぷり塗り込みましたら

 

 ↑こちらのノンブリートタイプのシーリング材を規定の時間

 主剤(丸い缶)と硬化剤(その上の袋)をしっかりと撹拌していきます。

 

 ブリードとはシーリングをした後 上に施された塗装が粉をふく、にじむ、

 シーリングをしたところだけ変色する など いろいろなトラブルが

 発生することです。

 それを引き起こすのが可塑剤、つまり柔軟剤のことです。

 柔軟剤が入っていると、表面に塗り重ねた場合、変色が起こることがあります。
 ですので、ノンブリードタイプの可塑剤が入っていない物を使用することが重要です。

 

 シーリングを打ち込み、硬化剤が入っていますので硬化してくる前に

 専用のヘラで 空気を抜きながらムラなく目地にシーリングを押し均していきます。

 

 

 

 

 

シーリング材を押し込み均しましたら 硬化する前に すぐに『養生』を撤去

していきます。

そうすることで 養生に硬化したシーリング材がついてくることなく 

例に仕上がります。

 

来週もこの作業のつづきから 進めさせていただきます。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付