スタッフブログ

赤間 アパート塗装工事『旧シーリング撤去☆新シーリング打ち込み前作業』

H28.4.22(金)の作業内容

 

 

昨日は、専用のかったーを使い 外壁のサイディングの継ぎ目の目地に入っています

古いシーリングを撤去していく作業をしていきました。

 

 

専用のカッターで切れ目を入れて 旧シーリングを引き抜き撤去しましたら

手持ちのカッターにて 細かいシーリングの残りかすもきれいに撤去していきます。

完全にきれいに取り除くことは 新しく打ち込むシーリングの密着を良くするために

大事な作業です。

 

撤去が完了しましたら シーリングを新しく打ち込むために 専用の紙テープにて

『養生』をして シーリング打ち込みの仕上がりが美しくなるようにしていきます。

凹凸もテープをしっかりと押さえ シーリングがプリッとにじまないように

丁寧にまっすぐ貼っていきます。

 

 

『養生』をしていきましたら 

 新しく打ちこむシーリング材が目地の背面には

 接着せず両側面に確実に密着させる

『2面接着工法』をしていくため

←こちらの バックアップ材 という

 粘着性の弱~いテープや、

 粘着性の弱~いてーぷのついたウレタンを

 目地の背面に貼っていきます。

 

 

 

このことで 建物の動きに 新しく打ち込むシーリング材

(乾燥するとゴムのようになります。)が しっかり追従し、

外壁材の割れなどを防ぎます。

 

 

 

 シーリングを打ち込んでしまえば

 見えなくなってしまう作業ですが

 建物を守るためには

 大変重要な作業です。

 

 

 本日は この作業の続きから

 新しく シーリング材を打ち込む作業を

 進めていきます。

 

 本日も よろしくお願いします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付