スタッフブログ

ベランダ床防水☆Y様邸

2022年10月22日

今回ごいらいいただきました部分の外壁塗装が完了いたしましたので

ベランダの床防水施工の作業を行っていきます。

外壁と防水の取り合い部分の目地のシーリングを打ち代えるため撤去します。

劣化の見られた旧シーリングをしっかりと残りがないように撤去をして

新しくシーリングを打ち込み ヘラで空気を押しだしながら均し

雨水の侵入を防ぎます。

床面全面をチェックして膨れなど確認して

新しく防水層を形成するため 下地を整え不良個所の改修処理を行います。

そして 表面を全て雑巾がけしてゴミ・埃のない状態にして

ウレタン塗膜防水施工(密着工法)を行います。

床面全体と立ち上がり ウレタン防水を行う全てにプライマー(下塗り)塗布を行い

表面の質を均一に健全に整え後に塗布する防水材の密着を図ります。

 

プライマーの完全な乾燥の後ウレタン防水材1回目の塗布。

完全な乾燥の為この日の作業は終了し、

次の日に ウレタン防水1回目の完全な乾燥の確認をして

2回目のウレタン防水材の塗布を全体に行い

時間をしっかり空けて ウレタン防水材2回目の完全な乾燥を確認して

トップコートを全体にしっかりと塗布して

ベランダウレタン防水施工を仕上げていきました。

ドレン周りも しっかりと掃除・補修をして

改修しております。

雨漏りの調査を行っておりませんので

原因がどこからかは把握できていませんが おそらくこのあたりではないか?

という事で 今回ご依頼いただきました

今回施工した箇所が原因であったのなら しっかりと食い止めるよう

施行させていただいております。

又 お困りなことがご入居者様よりお声がありましたらご相談ください。

その際は しっかりと一度雨漏り調査をさせて頂ければ と思います。

この度は ご依頼下さいまして 誠にありがとうございました。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付