スタッフブログ

住宅塗装工事③④付帯部・外壁作業など 早良区N様邸 2022年3月07日.08日

2022年3月8日

前回までの 付帯部への塗装の下準備の続きの作業から行っていきました。

各箇所を『ケレン』磨き作業をして均したり 目荒らしを行っています

それらの部分に『下塗り』として錆び止め塗料を塗装したり

破風板や軒天井など ボード製部分にはシーラーを『下塗り』として塗っていき、

塗装面の質を整えていきます。

その前に 補修が必要な箇所を探して 補修をします。

塗装が完成した後に ヒビなどがないように しっかりと表面を整えてから

塗装をします。

しっかりと補修をしてへらで 補修材をヒビで押し込み 表面を均してから

刷毛で 凹凸や入角など ローラーでは塗装がしにくい部分へまずシーラーを浸透させ

ローラーで全面へシーラーを浸透させます。

しっかりと浸透させ 塗装をする箇所全面の肌質を均一の整えます。

あとから塗装をする仕上げ塗料が 塗装面に吸い込んだりして

艶にムラができないように しっかりと下塗りで整えます。

軒天井も同様です。

刷毛とローラーで下塗りしっかりと浸透させていきます。

全ての破風板 軒天井 窓上の庇周り 飾り帯部分等

ボード製部分に全て シーラーして『下塗り』を行い

 

軒天井へ、『中塗り』・乾燥『上塗り』と

軒天井へは全て塗装をして 仕上げていきました。

軒天井の仕上げ塗装に使用したのは ケンエースGⅡという塗料です。

ケンエースGⅡは、素材への浸透力や密着力がよく、防かび効果・ヤニ止め効果・

しみ止め効果を持っています。耐水性・耐アルカリ性に優れ塗装面を劣化を防ぎます。

鉄製部分や 塩ビ部分など付帯部分へは

昨日までに『ケレン』磨き作業 を行い錆止め塗装『下塗り』を行っていっております。

ファインSIという塗料で 『中塗り』を行っていきました。

防カビ性や防藻性に優れ 弾力を持った塗膜を持ち 低汚染性に優れ

美しさを保ってくれる塗料です。

 

 

外壁の『下塗り』も行っていきました。

外壁全体へ、外壁の下塗り材パーフェクトサーフを塗装していきました。

きめが細かい塗膜で、中塗り・上塗りの吸い込みがおこりにくく、

美しい仕上がりが期待できます。

防藻・防かび機能を有し、塗膜は微弾性機能を持っており、建物の微細な動きに対し

追従性があります。

 

という特徴のある下塗り塗料です。

 

次回の作業もよろしくお願いいたします。

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付