スタッフブログ

糸島市 住宅塗り替え工事③④⑤シーリング打ちの準備「養生」「二面接着」 2022年2月14日・15日・16日 M様邸

2022年2月16日

昨日撤去しました目地やサッシ周り等 シーリングを打ち込む個所の周りに

シーリングをまっすぐ美しく仕上げるため マスキングテープにて

養生をしていきました。

全ての箇所に養生を行っていきました。

2面接着の為 目地内の背底面には ボンドブレーカーという粘着性のないテープを置き

目地内の両横面には 確実にシーリングを密着させ 背底面には密着させない

という二面接着工法を行います。

そうすることで シーリングが建物の動きに柔軟に追従し

3面接着であれば 互いに引っ張り合って シーリングの傷みにつながる可能性が

出てきますが 2面接着であれば アソビができて 建物の動きに追従し

シーリングの亀裂などの可能性を抑えられ 建物を守ります。

 

15日には、目地内の両横面や サッシ周り等

新しくシーリングを打つ箇所へ専用のボンドをたっぷりと塗布し、浸透させていきます。

こちらの建物は、3パターンのサイディング壁がありますが

全ての目地やシーリングを打つ箇所へ 同じように施していきます。

こちらのシーリング材 オートンイクシードを使用します。

耐久性・耐候性に優れたシーリング材で 後の塗装する塗膜へ

シーリング材からにじみ出て 塗膜を汚れた印象にするような可塑剤は

含まれておりません 優れたシーリング材です。

それぞれの目地やサッシ周り

 

それぞれのサイディングに合わせ お色を変えたオートンイクシードを

いよいよ打ち込んでいき、

専用のヘラで しっかりと抑え 空気を押しだし名があr表面を整え

ヘラで 表面を整えた後は 手早く乾燥が始まってしまう前に

マスキングテープを撤去します。

このシーリングの打ち込み作業とへらでの抑え込み整えの作業、

そしてマスキングテープ撤去の作業を2日間行い

まだ乾燥が始まる前に 整えましたシーリング材にシールドライヤーという

この季節にも ゆっくりと適切なスピードで柔軟性を残し乾燥を促す

スプレー状の材料を吹き付けていき シーリング打ち作業に仕上げです。

 

次回もよろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付