スタッフブログ

城南区住宅塗装工事③ 外壁『下塗り』 2021年12月14日

外壁の『下塗り』塗装をしていきました。

アンダーフィーラーエクセル という下塗り塗料を塗膜を厚く塗装する

マスチック工法にて 塗装をしていきます。

モルタル外壁の建物には やはり 弾力のある塗料を厚塗りで『下塗り』を行い

柔軟な塗膜に仕上げることが 建物を守ることに繋がりますので

マスチック工法をお勧めさせて頂いております。

メーカーの推奨する水量で粘度高く希釈しました水性の下塗り材を

マスチック工法専用のヘチマのようにポコポコと目の粗いスポンジのような

ローラーを使いその荒い目に粘度の高い塗料を含ませ 外壁を塗装をする際に

波模様に凹凸のバランスを整えながら厚塗りしていきます。

乾燥すれば 柔軟に弾力性のある厚みのある塗膜となり、

外壁をカバーして 外壁の自然な動きから外壁を守ってくれます。

塗装が終わった面のサッシ周りの捨てテープを 『下塗り』の簡素うが始まる前に

素早く撤去していきます。

そうすることでサッシと下塗り塗膜の間に1~2ミリほどの隙間が空きました。

そのラインで 仕上げ塗料による塗装が完成しますので

厚塗りによる波模様で外壁塗装が切れっぱなしのように凹凸の状態で終わらず

まっすぐなラインでサッシとの取り合いが仕上がりますので

メリハリのある印象になります。

 

小さなことではありますが この作業も 美しい印象のためには

重要な作業です。 明日もよろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付