スタッフブログ

福津市K様邸『軒天井仕上げ☆外壁中塗り』

             H.25.5.22(水)の作業内容

 

 

昨日エバーロックにて『中塗り』をしました軒天井に、もう一度エバーロックを塗る

『上塗り』をして、軒天井の塗装を仕上げていきました。

 

 

 それから

 こちらのクイックメンダーという

 補修用の強力なボンドで

 補修の必要なカ所を処置して

 いきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外壁の『中塗り』・『上塗り』で

 使用します塗料は、

 ←こちらの 水性セラミシリコンです。

 

 

 

  • 超耐久性
    紫外線、湿気などのポリマー劣化要因に対し、優れた抵抗性を示し
  • 建物を長期に亘り保護します。
  • 優れた低汚染性
    塗膜は、大気中の粉塵や排気ガスを寄せ付けず、優れた低汚染性を発揮します。
  • 防かび・防藻性
    長期に亘ってかびや藻類などの微生物汚染を防ぎ、衛生的な環境を維持できます。
  • 安全設計
    水性であるため、溶剤中毒や火災の心配もありません。
  • 資産価値の向上
    耐久性が高いため、長期メンテナンスサイクルを含めたライフサイクルコストが低く 
  • 資産価値の向上と大きなコストメリットを生みます。

 

という特徴のある塗料です。

 

 

 

 外壁全体の『中塗り』をムラなく塗装していき、初めに中塗りをしました面は

建物全体の中塗りが終わるころには完全に乾燥しておりますので

 

乾燥が確認できました面は、『上塗り』として、もう一度水性セラミシリコンを

塗装していきました。

 

 

←色の濃い部分は、『中塗り』が乾燥した部分で

 白っぽい部分が塗りたてでまだ乾燥していない

 『上塗り』の部分です。

 

 このように同じ塗料でも乾燥することにより

 色が濃くなりますので『上塗り』の際に

 塗りムラができてしまうということは

 ございませんのでご安心ください。

 

 

明日も 本日の作業の続きより 張り切って作業をさせていただきます!


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付