スタッフブログ

福津市K様邸『シーリング打ち』

               H.25.5.17の作業

 

 

 

 

 先日、古いシーリングを撤去し

 シーリングの打ち替えをします

 サイディングの目地や、

 

 

 窓回りなどの シーリングを

 打ち増す箇所に しっかりと

 ↓こちらのプライマーを塗っていました。

 

  プライマーを塗ることにより、

  シーリングが確実に密着します。

 

 

 

それから こちらの ノンブリートタイプのシーリング材を使用します。

コーキングの油分が上塗り塗料へ染み出て黒くなる現象を言います。

そのようなことになって、せっかく塗り替えてきれいになった外壁が

シーリングを打った目地に沿って変色しないよう、弊社では、必ず

ノンブリートタイプのシーリング材を使用します。

 

 

 

 

 

 よく撹拌したシーリング材を

 目地や、窓などの周りに

 しっかりと打ち込み

 

 

 

 

 

 

専用のヘラで、空気を押し出し、ムラのないように均し入れていきます。

 

 

ヘラで均し終わりましたら シーリングか少しでも乾燥する前に素早く

養生を撤去しますと シーリングの仕上がりがまっすぐ美しくなります。

 

 

この作業を少しづつ繰り返し繰り返し進め、シーリング打ちの作業を

完了させていきました。

 

本日は、このシーリングもしっかり乾燥して定着しておりますので

建物全体の高圧洗浄をさせて頂いております。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付