スタッフブログ

福津市K様邸『旧シーリング撤去』

          H.25.5.16(木)の作業内容

 

 

  

 先日 足場を設置させていただき、

 福津市のK様邸の工事に

 入らせていただきました。

 

 K様 ご近所の皆様

 作業中は、何かとお騒がせいたしますが

 何卒 よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、外壁、サイディング壁全体の

 つなぎ目の目地に打ち込まれてあります

 ゴム状の古くなった シーリングを

 全て撤去していきました。

 

 

 

 

シーリングが劣化するという事は、雨水の浸入を許してしまうということになります。

サイディング壁の建物では、塗り替えの時期には大抵、このシーリングも、

長年日光や、風雨にさらされ、古いゴムのように硬くなり、

ヒビが入っていたり穴が開いていたりと役目を果たせなくなっているものです。

古いシーリングの上に 新しく塗装をしても、そこから新しい塗膜に

ヒビが入る可能性がありますので、せっかく外壁の塗り替えをされる機会には

合わせてシールの打ち替えをオススメしています。

 

 

 ←旧シーリングを撤去した

  目地の様子です。

 

 

 

 

 

 

 旧シーリングを全て撤去しましたら

 新しくシーリングを打ち込む際に 

 目地にきれいなラインで打ち込むため

 目地周りにしっかりと紙テープを貼り

 『養生』をしていきました。

 

 本日は、このさ作業の続きで

 新しいシーリングを

 打ち込む作業をしています。

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付