スタッフブログ

城南区アパート塗り替え工事☆シーリング打ち作業 4.15.2021

 

シーリング打ち込みの前の下準備作業。

ボンドブレーカーを目地の背底面に設置していきます。

 

 

このように背底面に後から打ち込みますシーリングを密着させず

目地の両横面にはシーリングを確実に密着させて 防水性を保ち。

背底面を密着させないことで 建物の自然な動きに対して”アソビ”ができることにより

柔軟なシーリングが剥がれたり亀裂などが入らないようにしていきます。

そうすることで 外壁材も守ります。

このボンドブレーカーはテープではないので 背底面にぺったりくっつきません。

設置をしているだけです。

この工法を『2面接着工法』といいます。

 

シーリングを打ち込み 塗装をしてしまえば

しっかり行ったか分からなくなる作業ですが 建物を守るため

シーリングの役割を最大限に発揮してもらうには重要な作業です。

そしてボンドブレーカーを設置しました目地の両横面に

しっかりと吸い込ませるほどに シーリング専用のボンドを塗布します。

乾燥しますと 確実な密着性を発揮してくれます。

握力のありますナオヤ君が 勢いよくシーリング打ち込み専用のガンを握り

目地にシーリングを打ち込んでいきます👌

しっかり打ち込んでくれましたら 専用のへらで目地へ確実に押し込み空気を押しだし

目地内に確実に充填し両横面に密着させ 表面を整えていきます。

しっかり打ち込み

押し込み均して

シーリングの乾燥が少しでも始まる前に 養生を撤去することにより

まっすぐで美しいシーリングの仕上がりとなります。

シーリングの乾燥が始まってしまいますと 撤去するテープにシーリングがゴム状に

びょーんとついてきて伸びた状態でプチっと切れて 大変汚くなりますので

ここまでが一連の流れで 急いで行っていきます。

本日は建物全体のシーリング打ちの作業を完成させていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付