スタッフブログ

東区 N様邸 『雨戸塗装☆屋根ガイナ塗装』

昨日の作業内容となります。

 

 昨日は、ありがたくお天気でしたが

 午前中は、屋根が朝露で濡れていて

 塗装ができませんので

 屋根の朝露が乾くまでの間

 雨戸の塗装作業をしていきます。

 

 

 

 

まず、雨戸塗装によってしあっが外壁や、塗料がついてはいけない雨戸の枠などを

汚さないよう 『養生』をしていきます。

 

 

 

 それから、以前に

 雨戸表面の錆びや、砂ほこりを

 磨きとる『ケレン』をしてありますので

 『下塗り』として、錆び止め塗装を

 していきました。

 

 

 

 

 

 建物全体の雨戸の『下塗り』を仕上げる間に初めに塗った雨戸の

 『下塗り』は、乾燥しますので乾燥を確認しましたら

 雨樋などを塗装した塗料と同じ弱溶剤シリコンにて『中塗り』をしていきました。

 

 

『中塗り』の乾燥を確認しましたら もう一度雨戸全体を弱溶剤シリコンで

 塗装する『上塗り』をしていきました。

 

 

 

 養生を撤去して

 雨戸の塗装が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 午後になり、屋根が塗れる状態に

 なりましたので

 屋根の『上塗り』をして、

 屋根のガイナ塗料による塗装を

 完成させていきました。

 

 

 建物の塗装作業は、すべて完了し、

 塀の塗装が年明けに残ってしまいました。

 

 足場を本年中に

 撤去することができませんでしたので

 せめて 足場全体を覆うネットだけでも

 全て撤去させていただきました。

 

建物周りの塗膜の確認や、掃除をして、本年の作業は、終了とさせていただきました。

 

足場がある状態でお正月をお迎えすることを心苦しく思いますが、

工事に入る前よりご了承くださいましたことに大変感謝しております。

 

それでもできれば撤去したかったのですが、それができず申し訳ございません。

 

年明けよりよろしくお願いいたします。

 

どうぞ 良いお年をお迎えくださいませ。

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付