スタッフブログ

糸島市 A様邸『足場設置・外壁補修』

 

 昨日の午前中は、

 先日、塗装工事が完了しました

 飯塚市のO様邸の追加塗装作業を 

 させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 『ケレン』をして、『下塗り』として錆止め塗装をし、

 

 

 建物本体の雨戸や、雨樋などを塗装したお色と同じお色の弱溶剤シリコン塗料で

 『中塗り』・『上塗り』と 2回塗装させて頂きました。

 

 

 完成です。

 

 ありがとうございました。

 

 定期的に点検にお伺いさせて

 頂きますので

 今後とも

 よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 午前中、作業を並行して、糸島市のA様邸へ足場を設置させて頂きました。

 

 

 飯塚での作業を終え

 糸島市のA様邸へ到着しましたら

 いつも大変お世話しなっています

 足場設置のプロの皆様が

 作業を終えていましたので

 私たちが

 まずは、外壁のヒビ補修の作業に

 入りました。

 

 

  モルタル壁の外壁は、

 モルタルの性質上 どうしても

 ヒビが入りやすいのですが、

 

 建物の自然な動きや、経年で

 放っておくと ヒビは大きく深く

 なってしまいます。

 

 

 

 

 大きく深く入ってしまったヒビには、

 補修材がしっかりヒビの奥まで入り込み

 強固に補修をする為

 一度ヒビをVの溝に彫っていきます。

 

 こうして補修してくことを

 Vカット補修と言います。

 

 

 

 

 Vカットをした周りの外壁の模様を

 削り、平らにしていきます。

 

 ヒビを補修した後

 塗装前に補修跡が、ヒビのラインで

 目立たないようにするため

 まわりの模様と同じ模様を

 吹付けていきます。

 

 

 その時この辺だけ模様が2重になって模様がかさばらないようにするため

 一度フラットな状態にしておきます。

 

 

  

 

削る作業が終わりましたら、シールプライマーという乾燥すると強力な

ボンド性を発揮するシーリングへの下塗り材を シーリング補修をする

Vカットをした溝にたっぷり塗り込んでいきます。

 

 

 

 プライマーを塗り込んで、乾いてきたところでヒビ補修材のシーリングを

 たっぷり打ち込んで、空気を押し出しムラなくシーリング材が溝を埋めるよう

 押し込みながら、表面を均します。

 

 

 

 

 ここまでが、昨日の作業内容でした。

 

 本日もいいお天気

 

 張り切って作業をさせて頂きますので

 よろしくお願いいたします!


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付