スタッフブログ

おうちの塗替え工事 早良区③2階外壁シーリング打ち

オートンイクシードというシーリング材を新たに打ち込んでいきます。

昨日までに2階の外壁の目地など シーリングを打ち場所に

シーリングを新しく打ち込むための準備を施しておりますので

(旧シーリング撤去・養生・ボンドブレーカー設置・ボンド塗布)

本日は その下準備を終わらせております2階の外壁の目地や窓回りなどに

こちらのオートンイクシードを打ち込んでいきます。

 

『耐久性・耐候性の限界に挑む』として開発されたシーリング材です。

一般的にシーリングは 経年で配合されている可塑剤というものが流出し

シーリングを劣化させてしまったり 塗膜を変色させてしまったりする原因と

なりえるのですが その可塑剤を配合せず 優れた柔軟性を実現しております。

経年による硬質化を防いで「柔らかさを長時間維持」することにより

亀裂を防ぎ 柔軟性・追従性を保ち防水性を持続させ もちろん美観も守り

建物を長く守ってくれる優れたシーリング材を使用します。

目地にしっかり打ち込んでいきます。

シーリングを打ち込んでいきましたら

へらにてしっかり抑え込み 空気を押しだし しっかりとムラのないように

目地内に入れ込み均します。

窓回りの『打ち増し』部分も同様にできるだけ旧シーリングを撤去し

カスなどのない状態に掃除して ボンドを塗布しておりますので

その上にオートンイクシードを打ち込んで

同じようにしっかりと均しムラなくシーリングを整えていきます。

シーリングを打ち、均しましたら

オートンイクシードの乾燥が少しでも始まる前に養生を素早く撤去します。

乾燥が始まってしまいますと 養生のテープに乾燥が始まったオートンイクシードが

紙テープについてきて来てしまい伸びて切れて 汚い状態になってしまいますので

素早くようじょうを 撤去し 美しく仕上げるのです。

 

ですので 少しずつ作業を進めていきます。

次は1階の外壁で同じ作業を行っていきます。

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付