スタッフブログ

屋根塗替え 姪浜M様邸

 

コロニアル瓦の『縁切り』作業です。

しっかりと『中塗り』が乾燥しております

コロニアル瓦1枚1枚に経年によって反りが出ていないか確認しながら

瓦の重なり部分にタスペーサーという小さなポリカーボネート製の

強度のある↓このようなものを差し込んで行きます。

1枚1枚の重なりすべてに このようにタスペーサーを2枚以上挟み込み

(タスペーサーが挟み込めないほどしっかり隙間があれば差し込みませんが

ほとんどそのような場所はありません)

3~4ミリの隙間が常時あるように設置します。

この 重なりに隙間を作る作業を『縁切り』といいます。

そして その『縁切り』の作業、効果を確実なものにするために

タスペーサーを使用します。

 

3~4ミリの隙間を確実にすることで雨水の通り道を作り

屋根の上から下に雨水を流し 雨樋に雨水を確実に流すのです。

また、晴れた日には 通期もよく 確実に雨水が乾燥して

建物への雨水の侵入 雨漏りや 木材の腐れを防ぐ

小さな作業ですが 大変重要な作業なのです。

 

 

縁切りが完了しましたら

屋根全体にサーモアイSIの『上塗り』です。

 

もう一度全体に ムラなく塗装して 塗膜の膜厚を確実なものにして

屋根塗装の完了です。

 

美しい艶 そして 遮熱効果 縁切りによって雨漏り防止効果

もちろん 藻やコケも防いでくれます。

 

 

この度は ご依頼くださいましてありがとうございました。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付
line