スタッフブログ

高取アパートシーリング打ち

 

ALCという セメントや石灰などに発泡剤を混ぜ、

軽量の気泡コンクリートを板状にしたパネル状の外壁材を使用しています

こちらのアパートの外壁のパネルとパネルの継ぎ目の目地に

今回 こちらのシーリング材をしっかりと打ち込んでいきます。

こちらのノンブリ―トタイプ

(シーリング打ち後 塗装をしても 新しい塗膜が変色しないタイプ)の

シーリング材を使用して シーリングの打ち増し作業を

全ての 外壁材の継ぎ目の目地に行っていきます。

待ち打ちをする全ての目地に シーリングを打ち込む前に

先ずは 専用のボンドをたっぷり塗布して ボンドが確実に

目地内に密着するように施していきます。

そして 全ての目地にこのようにしっかりと打ち込み

 

このようにしっかりと押し込み 空気を押しだしながら しっかりと敷きまなく

埋め込んでいきます。

このように 外壁はもちろん 破風板部分の継ぎ目にも同じように

シーリングをしっかりと打ち込んでいきました。

 

シーリングは、メーカーさんが定めた規定の時間しっかりと攪拌して

硬化が始まる前に 素早く使用します。

 

 

本日は、シーリング打ちの作業をさせて頂きました。

明日も この作業の続きをして

建物全体のシーリングの打ち込み作業を完成させていきます。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付
line