スタッフブログ

南区 T様邸 『外壁下塗り』

 

               本日の作業内容です

 

 

 

 

 下塗りは写真の下2段に並んでおります

 ソフトサーフという下塗り材で

 厚塗り塗装をしていきます。

 

(写真はすべてクリックで大きくなります。)

  • ソフトサーフは、
  • 下地調整、下塗り、中塗りの機能を備えています。
  • 微弾性があり防水性を発揮します 。
  • 旧塗膜表面の微細なひび割れ、巣穴などを1回塗りでカバーし、
  •   良好な仕上り感が得られます。
  • 水性で、低臭気・安全な作業環境を維持できます。

という特徴の下塗り材です。

 

 

 ソフトサーフを厚塗り塗装既定の

 分量の水をよく撹拌し、

 厚塗り専用の砂骨ローラーで↓

 厚みを付け、なおかつ厚塗りでできる

 模様も揃え塗布していきます。

 

 

 

 

 この下塗りの厚塗り塗装は、通常の塗装より時間も、塗料も3倍は使用しますが、

 その分 塗膜が厚くなり弾力のある厚い塗膜は建物を守るのに最適です。

 特にモルタルの外壁や、ヒビ補修の多い外壁には、おススメの施工方法です。

 

 

 

   このように模様をそろえながら 厚塗りをしていきます

 

 

 

 

 厚塗りをしながら

 塗装の終わった面の養生ビニールの上から

 仮で貼っていた紙テープだけを

 剥していきます。

 

 

 

  

  このテープの役割は、

 『中塗り』『上塗り』の作業までが終わって養生テープを剥ぐと

 『下塗り』の厚塗りが乾燥していて、テープを撤去するときにきれいに 剥がれず、

  塗膜が破れたり 塗膜との取り合いが がたがたになってしまうので

  美しく仕上げるためにこの『捨てテープ』役割の紙テープを養生のテープの上に

  貼っています。

 

 次回は、この作業の続きから作業に入ります。

 

 よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付