スタッフブログ

外壁補修をなかったことにごまかしたいですよね!! 住宅塗替え 博多区K 様邸

 

外壁の補修を目立たせたくない  ですよね。

 

今回こちらのお宅は お塗り替えが2回目で

以前の塗装では コーキングの上から外壁全体にさざ波模様の塗装を

されていました。

ですので 先日 コーキングを打ち替えました際に

外壁材のつなぎ目の目地が 外壁の補修をしたように

コーキングを打ち代えるためにその部分のさざ波模様を撤去して

コーキングを打っていますので ツルン としてしまっています。

 

 

 

 

その補修をしたようなコーキングを打ち込んだ 全ての目地に

こちらの 下塗り水性塗料を濃いめに水で希釈して 粘度を高い状態にして

(水性絵具をチューブから直接筆にのせるよりも硬め?ツノが立つくらいの粘度)

 

このような穴ぽこだらけの砂骨ローラーというローラーにその塗料を含ませて

目地周りの外壁のさざ波模様に模様を合わせるように

その粘度の高い下塗り塗料をポンポンとのせて 目地のツルンと感を周りに合わせて

ホーキングを打ち代えたこと(がいへきの補修をしたこと)がなかったことのように

ごまかせていきます。

 

 

お分かりになりますか??💦

 

 

コーキングを打ち代えたことさえ分からなくなってしまいました。

この作業を 先日打ち替えました外壁のコーキングを打ち代えた箇所・打ちました箇所

全てに行っていきました。

この周りに合わせて模様をつけて 補修をしたことが分からなくする作業を

『肌合わせ』といいます。

 

そして 先日『下塗り』を行いました建物全体の軒天井の

『中塗り』(仕上げ塗料の塗装1回目)をして

『中塗り』が完全に乾燥しましたら 『上塗り』(仕上げ塗料による2回目塗装で仕上げ)

をして 軒天井の塗装を完成させていきました。

 

 

本日のありがとうございました。

 

2019年11月28日(火)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付
line