スタッフブログ

福岡県 糟屋郡久山 H様邸住宅塗り替え工事⑨屋根 タスマジック補修・超低汚染リファインによる中塗りなど

2019年4月13日(土)の作業内容

 

 

本日は、屋根の『中塗り』をする前に

コロニアル瓦の割れを まずは、強固に補修していきます。

 

 

 

コロニアル瓦の割れの補修・補強のために使用しますのは

こちらの タスマジック‼

 

これは、割れる前のコロニアルより 強固なものにしてくれる

コロニアル瓦補修の強い味方です!

 

 

このような割れに

 

 

 

 

専用の下敷きを敷いて 補修液が コロニアル瓦の裏面に表面張力で広がり

また、その下の重なったコロニアルと接着してしまわないようにします。

 

 

 

↑補修をしたい箇所に この下敷きを挟み込み

 

 

専用の タスマジックの乾燥すれば強固にお固まる素材を

亀裂に流し込んでいきます。

 

 

表は、このような感じですが 裏面は表面張力で 広範囲にボンドが広がり

強固に補強してくれています。

 

 

そして コロニアル瓦の重なり部分を2~4mmほどの隙間を確保して

コロニアル瓦の横並びの1枚1枚の隙間から入り込んだ雨水などを

逃がすようにする『縁切り』の作業をしていきます。

 

 

 

そのために この タスペーサーという小さな部品を

(ポリカ―ボネート製の強固なものです。)

1枚のコロニアル瓦につき最低2枚は 挟み込み 隙間を確保します。

 

 

 

(コロニアル瓦の経年による反り などにより

挟むかずが変わる場合がありますが 大体の平均はこのくらいです。)

 

 

このように 屋根全体に 『中塗り』をするための下準備をしてから

 

 

 

 

屋根塗装の『中塗り』をしていきました。

 

 

白色にて 遮熱効果を高める目的です。

 

 

 

屋根塗装に使用します塗料も

アステックの 超低汚染リファインの屋根専用フッ素塗料です。

 

汚れの付着を防ぎ屋根の美観を長期間保ってくれます。

「超低汚染性を持ち、赤外線への耐性が高いフッ素樹脂に

無機成分を配合したということによる「超耐候性」

特殊遮熱無機顔料による「遮熱性」

熱の吸収要因となる汚れが付着しにくいことによる「遮熱保持性」

などなど 屋根の美観を損なうような要因に対して

強い耐性を発揮する機能を備えている塗料です。

 

そして 破風板や

 

 

 

庇部部分

 

シャッターBOX

 

 

雨樋

 

 

水切り

 

など鉄製部分などの付帯部分の『中塗り』弱溶剤シリコン塗料による

塗装をしていき、

 

 

 

空気こうは、アルミ製で非鉄 と呼ばれる金属ですので

専用の下塗りプライマーを使用して『下塗り』をして密着性を高め

 

 

他の付帯部分と同じように

弱溶剤シリコンで塗装をしていきました。

 

来週も続きから よろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付