スタッフブログ

福岡市和白 Hアパート和白Ⅱ・Ⅲ 塗り替え工事②コーキング打ち替えのための撤去作業など

2019年1月22日(火)の作業内容

 

こちらの建物は、現在のオーナーさんが 中古で購入されたそうで

以前のお塗り替えは いつ どのようにされたか ご存じないそうです。

 

 

 

築 30年以上にはなると思われます。

その間に 以前のオーナーさんで1度お塗り替えをされているようですが、

 

それにしましても 塗膜がとっても剥がれています🤔

 

 

以前のお塗り替えの際に しっかり洗浄をされずに塗装をしたのか、

下塗り塗料をしっかりと塗装せずに ムラの状態で

仕上げの塗装を1回塗りのみだったのか。

その両方だったのか?

 

 

と 思います。

 

 

 

 

仕上がったばかりの お引渡しの時点では

そのような施工であっても

まだ 仕上がりの塗膜が新しいのでこのような状況になるとは

分からない きれいに見える状態ですが、

 

 

塗料の耐久時期を待たずに このようにムラに

塗膜が浮いて着たり 剥がれてきたり してしまいます。

 

お見積もり項目を一つ一つ細かく記載されておらず、一式で提示していたり

営業の方が現場で作業をされる 施工に詳しい方でないと

どのような施工を どのようにしていくのか

説明が不十分であったり 話の行き違いが起こったりすることも。

 

塗膜が経年で劣化するのは 自然の力による紫外線や、風雨など

どうしても仕方のないことですが

 

上部掲載の写真のような劣化の仕方は 施工の仕方によるものですのです。

 

建物のお塗り替えは 決して安い買い物ではありません。

業者さんとは しっかりと 納得のいくまで質問をして

信頼できる業者さん職人さんを見極めていただきたいな。 と

このような状態を見るたびに思います。

 

 

 

 

 

そんなことを思いつつ 旧コーキングの撤去です。

 

 

 

 

新しく 元気でイキイキとした コーキング材をうちこむため

劣化して 役目を果たせなくなったソーキングを専用のカッターで切れ目を入れて

引っ張り出して撤去します。

 

 

目地に残ったコーキングは ラジオペンチなどで しっかり残りなく

引っ張り出して撤去します。

 

目地に旧コーキングが残った状態ですと

頑固な汚れを残した状態と同じですので

あたらしいコーキングに悪影響を与えてしまいますので

しっかり撤去して

 

 

 

 

目地の両横に養生をして 打ちこむコーキング材が

まっすぐに美しく仕上がりますように

 

 

サイディングの凹凸にも しっかりテープを押し込んで

コーキングが滲んでしまうような隙間ができないように養生します。

 

本日は、この作業までをしていきました。

 

明日も よろしくお願いします.

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付