スタッフブログ

飯塚市 E様邸 浴室☆洗面所リフォーム②

2018年8月21日(火)の作業内容

 

本日も お騒がせいたしますが よろしくお願いいたします。

 

昨日 撤去作業をしていきました浴室 作業のため 配管を止め

新しく配管を設置していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業途中であっても 掃除は必要です。

こまめに掃除をしていきます。

 

そうすることで

作業の効率も上がり 現場もきれい

正確な仕事にも つながります。

 

 

 

 

 

洗面台の配管も止めて 洗濯機の給水水道も位置も 今までの位置ですと

今時の洗濯機には低すぎるらしく位置を高くしてほしいというご要望も

ありますので 一度撤去し 位置を高くします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのための配管を壁裏に作るため

壁を一部取り除きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日 洗面室のクロスを剥がして撤去した際に 

壁材の継ぎ目を補修している旧パテ材が 経年の湿気を吸い 浮いてきていましたので

その 旧パテ材も撤去し 新しくパテ処理をして 壁の凹凸をなくしていきます。

 

 

パテの密着を確実にするため 

シーラーという乾燥したら

ボンド性を発揮する下塗りをしてから

 

一度パテをして しっかり完全な

乾燥をしましたら 

 

 

 

 

しっかりサンドペーパーで磨き 

微妙な凹凸や、

パテがもっこりと山になっている

ようなことのないように均し磨き 

もう一度パテをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

そしてもちろん 

2回目のパテもしっかり乾燥しましたら

サンドペーパーでしっかり

パテをしていない箇所と

パテをした箇所に差がないように

しっかり磨き 余分なパテを除いていきます。

 

 

 

 

2回しっかりパテをすることで 水分を含んだパテが乾燥の時に水分が蒸発して

思っているように補修がされず 補修をしたい溝の中で痩せて凹んでしまうので

もう一度パテでその凹みを埋めて 凹凸をなくし しっかりサンドペーパーで

余分を磨き取り除くことで クロスを貼った際に美しく仕上がるのです。

どの作業も見えない下処理が一番大事といえます。

 

そんな時 浴室では 断熱材導入中! 

隙間なく みっちり 断熱材を入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで快適浴室間違いなしです!!

 

明日も よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付