スタッフブログ

福岡市早良区 Y様邸 住宅塗り替え工事『屋根縁切り☆中塗りなど』

 

2018年7月13日(金)の作業内容

 本日の作業は、 まず

 先日『下塗り』をしました屋根の

 『縁切り:』という作業から入ります。

 

 コロニアル瓦1枚1枚の重なりに

 タスペーサーという小さな部品を

 設置していきます。 

 

 

全てのコロニアルの重なり部分に

この小さくても大変上部な素材

ポリカーボネート素材の

タスペーサーを挟み込み

確実に 重なりの隙間を

2~4mm確保していきます。

 

そうすることで 

雨水や湿気の逃げ道を作り 

経年劣化によるコロニアル瓦の反りから

雨水の逃げ道が

つぶされてしまうことを防ぎ 

そのことが原因となる雨漏りから

建物を守ります。

 

 

作業を並行して コロニアル瓦の

抑え鋼板の『ケレン』『下塗り』を

していきました。

 

しっかりサビなどを磨き掃除をしてから

錆び止め塗料にて『下塗り』です。

 

 

そして 屋根の『中塗り』は サーモアイSIを使用していきます。

 

遮熱機能を持ったシリコン塗料ですので 

美観・耐久性・防藻、防汚などの効果の他に 

住空間の気温を今までより下げてくれる省エネ機能も備えております。

 

塗装前より 2階氏に上がる階段の途中の 

あの モアっとした感覚は 軽減されてきます。

 

 

 

屋根全体の『中塗り』も完了しました。

 

鉄製部分の『ケレン』をして

サビを磨き均し 掃除をして 『下塗り』として錆び止め塗料の塗装も

行っていきました。

 

 

そして 『下塗り』『中塗り』と すでにしております破風板に

『うわ塗り』として もう一度塗装して 破風板の塗装の完了です。

 

 

 

では 来週も よろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付