スタッフブログ

福岡市東区H様邸 住宅塗り替え『高圧洗浄』

2018年5月23日(水)の作業内容

 

 本日より H様邸の塗装工事に

 入らせていただきます。

 

 福岡市に数ある塗装業者の中より

 弊社をお選びいただきまして

 ありがとうございます。

 

 

お客様のお話では、 お打合せの際、塗料や、シーリング材 施工方法などの

説明やアドバイスが、ほかの業者さんからは聞いたことがなく

詳しいものだったというのも 弊社をお選びいただきました理由の一つ

とのことで 大変光栄です

 

昨日 足場を設置させていただきましたので 

本日は、高圧洗浄から 作業に入らせていただきます。

 

 まずは、屋根から。

 コケや、藻 経年で積もった砂埃など

 高圧のお水で 削り洗い流します。

 

 

高圧のお水が 高圧洗浄機の先から スクリューのように 高圧でぐるぐると円状に

噴き出してきます。 その圧力で 汚れを根こそぎ洗浄していきます。

 

 

    ↑洗浄前の屋根↑         ↑洗浄後↑ 汚れや、元々の塗装が

                    劣化して 粉状になった状態で屋根に

                    とどまっていたものがきれいに

                    洗い流されました。

 

屋根や、軒樋の中など 屋根の上からの洗浄が終わりましたら

破風板や、軒樋の外側 軒天井の洗浄から 外壁全体の洗浄

ベランダ内部の内壁や、床面 この機会に 窓など お掃除が大変な箇所

 

 

 玄関前のタイル部分のなかなか磨き掃除は

 大変ですよね。

 高圧洗浄機があるこの機会に

 一緒に洗浄してきれいにしていきます

 

 

 

外壁の一部は、 デザインのおしゃれなサイディング壁の部分があります。

お客様は この部分の風合いは このままでクリア塗装にて若返らせたい との

希望ですので 高圧洗浄をしてしまいますと 圧が強すぎて

この風合いが薄れてしまう恐れがありますので この部分の洗浄は

専用の洗浄液を塗布して コケや藻などの汚れをを浮かせて 

圧の弱いお水で 洗い流す ということをしていきました。

 

これで建物全体の洗浄は完了です。

 

高圧洗浄の作業は、汚れが残っていない状態にしっかりとしていくことが

塗装作業をしていくうえで 大変重要な作業です。

 

塗装工事が完了してしまった時点では しっかり塗装をしたかしていないか

分からなくなってしまう作業ですが 汚れが残った状態に塗装をしますと

塗膜の密着がムラになり 塗料の耐久年数を待たずに

塗膜の浮きや、剥がれの原因となってしまう可能性があります。

 

いくら性能の良い塗料を使用しても施工が雑では 効果も半減してしまいます。

 

見えない作業が重要 という作業は住宅の塗装においては多いです。

 

 

その後は、サイディング壁の継ぎ目の目地のシーリングを打ち替えをするため

旧シーリングを残らず撤去していきます。

専用のカッターでサイディングとシーリングの境目に切れ目を入れて

 

抜き取っていきます。 シーリングはこれで大体取れますが

それでも 細かく、目地内にシーリングは残ってしまいます。

 

そんな旧シーリングは、カッターで細かく 目地内にシーリングが残らないように

全てきれいに撤去します。

 

洗浄と同じで旧シーリングが残った状態で新しくシーリングを打ち込みますと

やはり 密着具合にむらが出てきますので そのぶぶんがきっかけで

シーリングに不具合が起こらないとも限りませんので そうならないためにも

しっかりとシーリングを撤去します。

 

作業を並行して、シーリングを美しくまっすぐ仕上げるための『養生」 を

紙テープにて 外壁の凹凸にしっかり押し付け 隙間や浮きのないように

貼りつけていきました。 浮きや、隙間があると その部分からシーリングが

にゅ~っとはみ出てまっすぐ美しくなりませんので しっかり張り付けていきます。

 

明日は この作業の続きから 作業を進めていきます。

 

よろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付