スタッフブログ

北九州市八幡西区 Y様邸 住宅塗り替え工事『シーリング打ち』

2018年2月8日((木))の作業内容

 

こちらのサイディング壁のシーリングは 打ち増しでのご依頼ですので

全てのシーリングを打ち込む目地に まずは 養生をしていき、

シーリングを美しく仕上げるよう 凹凸に合わせ しっかりと養生テープを

押し付けながら貼っていきます。

 

 

 

 

 養生が終わりましたら

 シーリングを打ち増ししていきます

 すべての目地に 

 専用のボンドをたっぷり塗布し

 打ち込むシーリングが

 確実に密着するようにしていきます。

 

 

 

それから打ち込むシーリング材を

しっかり既定の時間 攪拌していきまます。

 

 ノンブリードタイプのシーリング材を

 上から塗装する場会には必ず使用します。

 

 

 

そうでないものを使用しますと シーリング材内の性質で

塗料を黒く変色させてしまうものがあり 塗料の耐久年数を待たず

美観が損なわれてしまうからです。

 

ノンブリードタイプのシーリング材を使用するのかを 打ち合わせの段階で

しっかり確認しておくことは 大切なことです。

 

 

それから しっかりとシーリング材を打ち込むみ

へらで しっかり空気を押し出しながら 均一にシーリングを均して

その後すぐに その箇所の養生を撤去します。

 

少しでも シーリングの乾燥が始まりますと ゴム状になり 

テープを撤去する際に のびて ついてきて それが切れて

大変見苦しい状態になってしまいますので 速やかに撤去します。

 

次回も この作業の続きから進めていきます。

 

よろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付