スタッフブログ

福岡市 南区 K様邸 住宅塗り替え工事 『高圧洗浄』

2017年7月20日(木)の作業内容

 

 

 本日より  こちらのお客様の

 大切なご自宅の塗装工事に

 入らせていただきます。

 

  こちらのお客様は、

 福岡市南区 N様邸 2016年7月

 のお客様のお宅の斜め裏のお宅で

 ご近所様です

 

ちょうど1年前ですね。

工事前のご挨拶周りの時にお渡しいたしました 名刺をお持ちくださっていまして

ご連絡を頂き 塗装工事の御依頼をくださいました。

 

本当に 嬉しい限りです ありがとうございます。

 

 工事期間中は、何かとご不便をおかけすることもあるかとは思いますが

 よろしくお願いいたします。

 

 

昨日 明日ばを設置させていただき、 本日は、建物全体の『高圧洗浄』

 

屋根から 外壁から 全ての塗装する箇所や、

せっかく 高圧洗浄機というプロの機械があるこの機会に

頑固な汚れを洗い流しちゃいましょう!

っていうところまで

 

徹底的に コケ、藻、経年で積もった砂泥汚れ、

旧塗膜が経年劣化により粉状になったまま付着しているもの

(チョーキング現象)

を高圧の水で削り洗い流していきます。

 

 

まずは、屋根。

コケ・藻 などあまり見受けられず きれいなようですが

やはり 砂埃や、チョーキング現象は見られます。

 

 

汚れは 残さず しっかりと洗い流さなければ 塗装をせっかくきれいにしたようでも

塗膜の浮き、剥がれにつながります。

 

屋根や、外壁など 塗装をする素地に乗っかっている汚れに

塗装をすることになるので 素地に塗料が密着していない ということになるからです。

 

耐久性や、効果の高い 素晴らしい塗料を選択されたとしましても

完成してしまっては どのように施工したのか見えなくなってしまう箇所ほど

しっかりとした施工をしていなければ その塗料の力を十分に発揮できないのです。

 

ですので 塗装をする前に その箇所の汚れを十分に取り除く

ということは 塗装工程の中でも 重要な作業です。

 

屋根の洗浄が終わり この機会に雨どいの中もきれいに掃除をして

竪樋の中にも 高圧の水を噴射し つまりを予防しました。

 

破風板部分 雨どいの洗浄もしっかりしていきましたが 

この部分は 水が垂れて 汚れが再度付着しやすいので

塗装をする前にも 磨いたり 拭き掃除をしたりします。

 

外壁も やはり 砂埃や 大通りが近いということで 

排気も付着していると思われます しっかりと 凹凸部分も洗い流していきます。

 

シャッター雨戸のBOXの上部は よごれがたまりやすいですね。

シャッター雨戸も窓も しっかり洗浄 気持ちがいいですよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

屋根 外壁、塗装をする個所 窓など 洗浄し、上からしたへ、

 

基礎や、玄関アプローチのタイのしつこい汚れも

この機会にしっかりコケなどを流して きれいにしていきます。

 

 

 このような箇所のコケなどを

 洗浄するだけでも

 玄関周りが 明るくなりますね

 

 

 

 

全ての高圧洗浄が完了し、建物を塗装できる状態にしていきましたら

まずは外壁のサイディングの継ぎ目の目地のシーリングを新しく打ち代えますので

旧シーリングを撤去していきます。

 

 専用のカッターで 切れ目を入れて

 旧シーリングを大まかに撤去し

 目地に残ったシーリングは、

 残らないように カッターで手作業で

 全て丁寧に撤去します。

 

 

 

 

 そうすることで 新しく打ち込む

 シーリングを確実に 目地側面に

 密着させて シーリングの耐久性や

 性質を 最大限に活かせるようにします。

 

 

 

 

明日も この作業の続きから よろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付