スタッフブログ

福岡市 住宅塗り替え  早良区次郎丸 Y様邸 『外壁中塗り・上塗り✩屋根下塗り』 

2017年2月24日(金)の作業内容

 

本日は、昨日の外壁の『中塗り』の作業の続きからです。

 

 

こちらのお宅の外壁の『中塗り』・『上塗り』で使用します塗料は

パーフェクトトップ という塗料です☟

 

 高耐候性

  •  塗膜劣化対策として非常にすぐれた
  •  耐久性があります。
  •  高光沢
     ポリマーが塗膜間の隙間を埋めるため、
  •  緻密な塗膜形成が可能となり、
  •  すぐれた高光沢を実現できました。

 

  • 防藻・防かび性
    低汚染性 親水化技術によって、雨だれ汚染から建物を守ります。

という特徴のある優れた塗料です。

 

 

(⁰︻⁰) ☝ 親方 花粉症の為 完全防備で失礼します。

 

・・・あ、目を隠し忘れてる^^; このため 自宅に帰ってきて目がかゆそうでした

 

この時期は、 仕方ないですよね~。

 

私は ヒノキ花粉に弱いようなので 親方の花粉症が和らいだ頃 症状が現れます

 

 

 

 『中塗り』の完全な乾燥を確認して

 もう一度外壁全体にパーフェクトトップを

 塗装する『上塗り』をしていき、

 外壁塗装を完成させていきました。

 

 

 

 

 外壁の塗装が完成しましたら 

 作業の関係のなくなった養生などは 

 少しづつ撤去していきました。

 

 

 

 

↑『捨てテープ』のお話の時に わかりにくいご説明をさせていただきましたが

凹凸に下塗り塗料を厚塗りした時に厚塗り作業をする時には欠かせない

 『捨てテープ』をいま写真で撤去している養生の内側2ミリほどに

貼っていて 厚塗りが終わった段階で 捨てテープは撤去していました。

 

『中塗り』・『上塗り』が完了した今 養生も撤去した状態は

捨てテープをしていたおかげで 凹凸ではなくまっすぐのラインで

美しい仕上がりです。

 

こうなるために 『捨てテープ』を貼る作業は、下塗りを厚塗りする場合には

重要なのです。

 

相変わらず 文だけ長く わかりにくく すいません

要は、 「捨てテープという ひと手間を加えることで

厚塗り塗装も 美しく仕上げます」 ということです。 はい・・

 

 屋根の『下塗り』にも

 そのあと はいらせていただきました。

 

 ← こちらの 

  サーモアイシーラー という

 下塗り塗料をしようしました。

 

 

 

スレート屋根に塗装する、下塗り塗料です。

 

  • 反射性能を持っているので、サーモアイシリーズの中塗り・上塗り材の
  • 遮熱性能を十分に発揮させます。
  • 又、劣化した素地の表面を補強し、素地と強固に密着します。

 

 

2階の屋根・1階の屋根 全体に サーモアイシーラーを塗装していきました。

 

もちろん 1階屋根に乗っております 屋根足場の足も

安全面を考慮しながら 1つずつ上げて その下も 周りと変わりなく 同じように

しっかりむらなく 塗装していきます。

 

そうする事で 仕上がった屋根の面が 色ムラや 耐久性の違いなく

美しく仕上がるのです

 

本日もお天気がよく 順調に作業を勧めさせていただくことができました。

 

明日も よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付