スタッフブログ

福岡市 早良区 H様邸「下地処理☆ケレン☆鉄製部分下塗り」

H27,11,23(月)の作業内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日は、まず

 鉄製のシャッター雨戸のBOXや、

 ベランダの天板、庇上部や、換気扇フードなど。

 ボード製の帯板や、破風板など。

 塩ビ製の雨樋などの『ケレン』という

 磨きの作業をしていきました。

 

 

鉄製部分には錆びを磨き均す。

ボード部分は表面のささくれなどを整え均し、旧塗膜が劣化して粉状にとどまっているのを磨き取る。

塩ビは、表面にわざと細かい削りキズを入れて 塗装することにより

塗料の密着を良くする『下塗り』のような役割。

と、それぞれに 目的は違いますが 同じ磨く作業。『ケレン』をしていきました。

 

 

 

 

それから 『ケレン』をしました鉄製部分に 『下塗り』として

錆び止め塗料を塗装していきました。

 

破風板 のボードの継ぎ目。

帯板のボードの継ぎ目。

の旧シーリングが痩せて 役割を発揮していませんでしたので撤去して

新しくシーリングを打ち直していきました。

 

外壁には 細かいヒビがありましたので 注意深くチェックしてまわり

補修をしていきました。

 

 塗装をしない箇所や

 汚してはいけない箇所へ

 専用のビニールやテープにて

 覆い 美しい仕上がりにする

 『養生』という作業をしていきました。

 

 明日はこの作業の続きから

 お天気の様子を見て

 進めていきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

  


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付