スタッフブログ

校舎トイレ天井塗装など 

2024年1月20日

本日は雨天ですので 室内の作業をさせて頂きました。

某学校のトイレのリフォームをされており

その天井と建具の塗装のご依頼を頂きました。

天井のボードは新しい無塗装の物を貼っておりおましたので

仕上げに塗装をする塗料を吸い込み 仕上げがムラにならないように

確実に密着させるように 『下塗り』として ムラなくしっかりと浸透させるように

シーラーを塗装していきます。

(床は 塗料で汚さないように養生しております。壁は新しいものですので

養生しております。)

しっかりと浸透させるようにシーラーを塗装し、確実な乾燥を確認しましたら

天井ボードを設置した際のビス部分や 継ぎ目の凹みをフラットにするため

パテを埋めていきます。

パテもしっかりと乾燥しましたら 目の細かいサンドペーパーで磨き

パテをしたふくらみや余分なパテを磨き除き フラットに仕上げます。

トイレの建具も後ほど塗装しますので

サンドペーパーで扉も枠も全て磨き

手触り良く滑らかにしていきました。

(天井・建具 男子トイレと女子トイレともに作業をさせて頂いております。)

天井パテがフラットになった状態で

『中塗り』として 水性エマルジョンという塗料を塗装していきました。

『中塗り』として1回目の水性エマルジョンを塗装したところで

本日の作業はおしまいです。

しっかり乾燥させて また月曜日 よろしくお願い致します。

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付