スタッフブログ

住宅塗装工事③各所付帯部『下塗り』 糟屋郡須恵町I様邸

2022年6月9日

塀の『下塗り』を行っていきました。

塀の『下塗り』はカチオンシーラーにて行っていきました。

密着性に優れた下塗り材で、耐アルカリ性として耐久性を持ち

経年によって変化した塗装面の肌質を整え

後に塗装する塗料を確実に密着密着させます。

各鉄製部分へも『下塗り』を行っていきます。

コロニアル屋根の屋根鋼板へも錆び止め材によって 『下塗り』を行いました。

2階屋根(大屋根)、1階屋根(下屋根)の屋根鋼板 錆び止め塗料による『下塗り』が

必要な箇所全てに行っていきました。

塩ビ製の雨樋の全ての掴み金具部分へも錆び止め材塗装を。

シャッターBOXへも 全ての鉄製部分へ錆び止め塗料による『下塗り』を行い、

軒天井・破風板・帯板への『下塗り』は塀への下塗りと同じカチオンシーラーを使用。

しっかりと浸透させるように塗装して 塗装箇所の肌質をイキイキと整えていきます。

 

仕上がった際に 塗装の艶などが塗料の吸い込みなどによって

ムラにならないように しっかりとカチオンシーラーを浸透させ 肌質を整えます。

各付帯部の『下塗り』を終えていきました。

お天気の様子を見て 乾燥具合などから 今後の工事も最善を尽くし

進めさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

 


  • 著者プロフィール
  • 著者プロフィールへ
>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付