スタッフブログ

古賀市住宅 F様邸③ 軒天井塗装・外壁クラック補修 2022年4月2日

2022年4月2日

 

 

軒天井の抑え金具の錆止め塗装は昨日塗装をしていきました。

本日は軒天井の全面 ボード面の下塗りをカチオンシーラーにて行っていきます。

カチオンシーラー塗装前は 表面の様子は肌質にムラになっていますので

カチオンシーラーをしっかり浸透させるようにムラなく塗装をして

表面の肌質を整え 後に塗装する塗料が確実に密着させるという事はもちろん

後に塗装する塗料がボード素地に吸い込まれたり 吸い込まれない箇所ができ

見た目にムラができないように 肌質を整えていきます。

しっかりと 浸透させるようにカチオンシーラーを塗装しましたら

確実な乾燥を確認して(こちらの塗料は すぐに浸透乾燥します。)

『中塗り』ケンエースGⅡの1回目塗装

入角など ローラーでは塗装がしにくい箇所へは 刷毛で塗装し、

刷毛目 ローラー目がでないようしっかり目視しながら

全体へムラなく塗装します。

やはり 『下塗り』をしっかりと行っておりますので

吸い込みなどにムラがなく 滑らかに塗装できております。

『中塗り』としてのケンエースGⅡの1回目塗装が完了し、確実な乾燥を確認しましたら

2回目のケンエースGⅡのぜんたいへの塗装『上塗り』を行っていきます。

全ての塗装で同じことですが 『中塗り』時と同じように

刷毛で 塗料が入りにくい箇所へしっかりと確実に塗装をしてから

ローラーにて全面を塗装して軒天井塗装を完了させていきました。

こちらの建物の外壁はモルタル壁です。

経年とモルタルの性質から 細かくヒビが多く入っていますので

それらのヒビの補修をしなければなりません。

スムースエポという補修材を使用します。

い接着力性・耐候性・防水性・遮塩性等に優れた防水補修材です。

こちらを 日々へ充填し 押し込んで表面を均し

すべてのヒビへこのようにしっかりとスムースエポにて補修をしていきました。

この後の塗装の『下塗り』時にモルタル壁の下塗り塗料として適しております

塗料を厚塗りをして 補修跡が分からなくなるようにしていきます。

モルタル外壁のリシン吹き付け塗装という今の状態が

イキイキと外壁の肌質が若々しく生まれ変わることがとても楽しみです。

来週もよろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付