スタッフブログ

福岡市東区A様邸『鉄部分、木部分下塗りなど』

H26.8.21(木)の作業内容

 

 

 

 

本日は、まず↑写真のような箇所に『ケレン』という作業をしていきました。

 

鉄製部分(雨戸や、換気扇フード・庇鉄板・ベランダ手すり・雨樋の留め金具

     屋根上部の天窓周りの鉄板など)の錆びやを磨き、表面の

     錆びによる凹凸を均す。

 

木部分 (破風板、庇鉄板した部分の木部分)の旧塗膜が剥がれてきていたり、

     木のささくれを磨き、表面を均す。

 

雨樋は、磨くことで、表面に細かい傷を敢えて付けることによって

    塗料の密着が良くなる目荒らし。

 

上記の意味でそれぞれの箇所を磨いていく『ケレン』という作業を

していきました。

 

 

 『ケレン』が終わりましたら

 鉄製部分には、鉄製専用の

 錆び止め材下塗り塗料の

 サビカットにて、

 

 

 

 

 

 

 

 木製部分には、

 木部専用の下塗り材

 1液ファインウレタンにて

 

 『下塗り』をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 雨戸以外の鉄製部分に

 『下塗り』として錆び止め塗装を

 全てしていきました。

 

 雨戸は、外壁塗装完了後に

 塗装していきます。

 

 

 

木製部分の『下塗り』もしていきました。

 

 

外壁材がかけている箇所がありましたので 専用の補修材にて補修をしていきました。

 

 

明日のお天気は、どうでしょうか??

 

天気の様子を見て作業を進めさせていただきますので よろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付