スタッフブログ

住宅塗り替え工事④ 外壁『下塗り』マスチック塗装・軒天井など『下塗り』 東区H様邸 10.14.2021

外壁のシーリング打ち込み作業の際に 破風板等の亀裂や継ぎ目の補修、

破風板ボードの目地へもシーリングを打ち込みをしております。

破風板と軒天井に 『下塗り』カチオンシーラーを全体に塗装していきました。

13年前もしっかり下塗りをして弱溶剤シリコン塗料の2回塗りにて

塗装させて頂いておりますが 破風板はやはり紫外線 風雨に

常にさらされておりますので 13年たちますとやはり塗膜は劣化いたしますね。

今回も しっかりと塗装をいたします。

破風板・軒天井 全てカチオンシーラーをたっぷりと浸透させるように

塗装していきました。

表面の状態を健全に導き 後に塗装する塗料がムラに吸い込んだりすることのないように

表面の状態を整えます。

そして 後に塗装する塗料の確実な密着という役割もあります。

(今回の場合 破風板はファインSI 2回塗り・軒天井 カチオンシーラー2回塗り)

そして すでに 昨日までに 『養生』が完了しております 外壁の『下塗り』に

入っていきます。

外壁はALC材を守るため塗膜に弾力を持ちカバー力の高い

アンダーフィーラーエクセルという外壁専用下塗り塗料を厚塗り(マスチック工法)にて
塗装をしていきます。

砂骨ローラーというマスチック工法専用のローラーを使用して

↓砂骨ローラー(マスチックローラー)

ノーブランド品 マスチックローラー ワンタッチ イエロー 粗目 9インチ 150-28 

しっかりと下塗り塗料アンダーフィーラーエクセルを厚塗り用に

メーカーの定める水量希釈した(水性)で濃いめの粘りのある塗料を

ぽつぽつとヘチマのようになったローラーに含ませ 外壁に均一になるように

厚みのある塗膜として 塗布していきます。

弾力のある塗膜を厚塗りすることで 通常の塗装より 長期間弾力の圧塗膜が

建物の自然な動きに追従し 微細なヒビや亀裂から外壁を守ってくれます。

目地や入角等 凹みなど部分にも しっかりと厚塗りをして均一な模様で整えます。

外壁全体に マスチック工法(厚塗り)で『下塗り』を行いました。

マスチック塗装が完了した箇所の養生から 下塗りが少しでも乾燥し始める前に

「捨てテープ」を撤去していきます。

「捨てテープ」とは 外壁塗装の際 今回のように 厚塗りをするときに

養生の段階で 窓枠や 換気扇フード周りなど 外壁に設置している

外壁との設置部分できれいなまっすぐなラインを作る際に

そのラインを綺麗に仕上げるために行う『下塗り』専用の養生というものです。

 

窓枠などの周りをまっすぐのラインを作りますための養生ガムテープの上へ、

1ミリ~2ミリ ガムテープより外(壁側)に出してマスキングテープを貼っていきます。

厚塗りの下塗りが終わった時点でこのように剥して捨ててしまいます。
だから、『捨てテープ』😉

 

こうすることで 厚塗りの凹凸ある塗膜の外がわ1ミリ~2ミリに『中塗り』・『上塗り』の仕上がりラインが凹凸のないまっすぐなものになり 窓枠などとの取り合いラインが

まっすぐ メリハリのあるラインに仕上がります。

 

明日も よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付