スタッフブログ

住宅塗り替え工事②③ シーリングの打ち替えや養生作業 東区H様邸 10.12~14.2021

 

ALC外壁材の目地のシーリング打ち替え作業をしていきます。

そのため 初めに建物の打ち代える部分の全てのシーリングを撤去していきます。

ALC外壁に傷を入れ内容のに気を付けながら カッターを入れ

旧シーリングとALCを残りなく切り離していきます。

そして 建物全体のシーリングを全て撤去いたします。

カッターで切り離し 旧シーリングを引き抜き撤去します。

ALC目地内にシーリングがが残っているようなときは ラジオペンチでしっかりと残りなく撤去します。

今回使用するシーリング材はオートンCP-1というシーリング材を使用します。

このシーリング材の確実な密着の為 専用のプライマーを塗布します。

 

 

目地にたっぷりのプライマーを塗布しております。

目地が太いALC壁のシーリング打ち替えは サイディングボード外壁の目地の

シーリングの打ち替え作業と若干違い ヘラの太さと目地の太さがほぼ同じなので

養生の必要がなく 施工をさせて頂いております。

プライマーを打ち込みました目地へ シーリングをうちこんでいきました。

目地の幅にジャストサイズの弊社のへらで 野地内にしっかり空気を押しだしながら

しっかり均して 納めて言っていきます。

建物全体の目地に打ち込み均して 2日間をかけ 建物全体のシーリング材の

撤去から打ち込みまでさせて頂きました。

オートンCP-1という今回使用しておりますシーリング材は

塗装を必要とする外装用のウレタン系弾性シーリング材です。
当社独自のシーリング材技術をベースに新規開発されました。
乾燥しシーリング打ち完成形の硬化をした後は、

柔軟な弾性を持つシーリング体となるためALCなどの外装に負担が少なく、

建物の振動や自然による微細な動きに追従する性能を持っています。
塗料との密着性がとてもよく、またノンブリードタイプで

塗装後の塗膜汚染もありません。

明日は、外壁の『中塗り』に入ります。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付